Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
タグ:福祉 ( 201 ) タグの人気記事
ハサミでチョキチョキ♪使用済切手を整理するボランティア活動に13人が協力してくださいました。
~彩の国ボランティア体験プログラムレポート~

三郷市ボランティアセンターでは使用済切手の回収箱を設置しています。
個人や企業から寄せられた切手はすべて、視覚に障がいを持つ高齢のかた100人が生活をする社会福祉法人日本失明者協会養護盲老人ホームひとみ園 (埼玉県深谷市)へお贈りします。
県内の小・中学校や社会福祉協議会などから寄せられた使用済み切手は、収集家に1kgあたり800円で販売され(外国切手は同量1,000円)、 施設整備の貴重な財源となっているのです。
切手のまわりは、5mmから1cm余白を残すことになっています。
この活動の目的をご紹介した後、余白が5mm以下の切手を除けたり、余白の多すぎる切手の周りを切り揃える活動に約2時間ご協力いただき、大変助かりました。
終了後のアンケートで「また参加したい」と回答してくださるかたが大勢いらっしゃったので、引き続き実施する予定です。

d0081884_13294049.jpg
d0081884_1330174.jpg
d0081884_13301174.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2014-08-01 13:31 | ボランティア | Comments(0)
現役ナースが教えます!!「やさしい介護教室」
人生90年時代。
自分や家族、また周りの人が、いつ介護が必要になるかわかりません。
そんなときのために、基本的な介護の知識や技術を学んでみませんか?
この講座では、基本的な介護の知識や技術、認知症のかたへの接し方、また、これからの季節にとても重要となる熱中症予防や熱中症になったときの対処法についても学びます。

~覚えておくとひと安心!知って役立つプロから学ぶ介護技術~

■日 時
7月26日(土) 午前9時~午後3時
7月27日(日)午前10時~午後0時30分
■内 容
講義(認知症の方への接し方、熱中症予防 ・熱中症になったとき、どうしますか?→その対処法)
実習(基本的な家庭介護の方法、身体の移動や食事介助など。清潔ケアの方法)
■講 師
日本赤十字社埼玉県支部健康生活支援講習指導員
■会 場
三郷市健康福祉会館5階会議室(三郷市花和田638-1)
■対 象
講座内容に興味のあるかた
■募集人数
15人 
■参加費
500円(資料代)
■募集締切
7月11日(金)

◎申し込み・問い合わせ
三郷市社会福祉協議会 福祉推進係
電話:048-953-4191

◎参加した皆さまの声
・認知症の介護の仕方、認知症の方の手紙、とても考えさせられ、涙が出ました。子どもとして自分が母にしてあげられることを改めて考え直しました。
・初日の午前中、ベッドでの起き上がりなどの実技や説明が大変わかりやすくて勉強になりました。

チラシはこちらをクリックして開いてください
d0081884_84741100.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2014-07-01 09:20 | 社協の事業 | Comments(0)
ご寄付、いただきました(松井産業株式会社様)
本日(5月2日)、松井産業株式会社さまが、三郷市社会福祉協議会に来所されました。
イベントの収益金を、ご寄付いただきました。
ありがとうございます。
いただいた寄付金は、三郷市内の地域福祉事業に大切に使わせて頂きます。

d0081884_1741058.jpg


松井産業株式会社ホームページ(http://www.matsui-sangyou.co.jp
[PR]
by misato-syakyo | 2014-05-02 16:00 | 寄付 | Comments(0)
社協だより2月号を発行しました。
三郷市社協の機関紙「社協だより2月号」のpdf版を三郷市社会福祉協議会のホームページにアップしました。

d0081884_947102.jpg

2月号の主な記事は
●新春を迎えて
●社協ホームページ、ブログ、facebookのご案内
●社協会員加入運動のご報告
●共同募金運動のご報告
●指定管理施設からのお知らせ
「社協だより」は、三郷市の広報紙「広報みさと」と一緒に全戸配布されるほか、三郷市内の公共施設や、JR三郷駅、新三郷駅、TX三郷中央駅などに設置しています。

[PDF版社協だよりを読んでみる]

[PR]
by misato-syakyo | 2014-02-14 09:41 | 広報紙 | Comments(0)
【ふくし講座のご案内】来るべきに備える!老後の心配を安心に変える知恵と工夫
【ふくし講座のご案内】
来るべきに備える!老後の心配を安心に変える知恵と工夫(連続講座)

この講座は…
自分の人生を最後までどう生きるか。
高齢期をよりよく生きるためにはどうしたらよいのかについて学ぶ機会です。
住み慣れた地域で暮らし続けるには、何に気をつけ、どんなことに備えるべきか-
ぜひ、これからの生き方や暮らしに役立ててください。

◆講座概要◆
1/18(土)
【10:00~12:00】
第1回:エンディングノートの書き方
最後まで自分らしく生きるためにエンディングノートの書き方について学びます。
講師:日本エンディングサポート協会 理事長 佐々木悦子 氏(エンディングコンサルタント)

【13:00~15:00】
第2回:認知症について
認知症とは何か、また認知症だと疑われたときの相談方法について学びます。
講師:武里病院 医療相談室室長 認知症連携担当 小平敦之 氏

2/1(土)
【10:00~12:00】
第3回:成年後見について
地域で安心して暮らせるための仕組み「成年後見制度」とはどのようなものなのかについて学びます。
講師:あかね社会福祉士事務所 社会福祉士 小川政博 氏

【13:00~15:00】
第4回:相続・遺言について
争わない相続と、想いを伝える遺言をどう残すのか?相続と遺言について学びます。
講師:しのだ行政書士事務所 行政書士 篠田直人 氏

2/15(土)
【10:00~12:00】
第5回:葬儀とお墓
自分らしい葬儀とお墓事情について学びます。
講師:NPO 法人エンディングコミュニティー縁生舎 石塚有宏 氏

□会 場
三郷市健康福祉会館5階会議室(三郷市花和田638-1)
□定 員
40人(抽選)
※全日程(5回)とも出席できるかた
□参加費
1,000円
□締め切り
1月8日(水)
※年末年始【平成25年12月28日(土)から平成26年1月5日(日)】休業のため、電話連絡の場合は、年内は12月27日(金)まで、年明けは1月6日(月)以降にお願いします。

問い合わせ・申し込み 電話、またはファックスで三郷市社会福祉協議会 福祉推進係まで

社会福祉法人 三郷市社会福祉協議会
〒341-0041 埼玉県三郷市花和田638-1
TEL:048-953-4191 FAX:048-953-4192
ホームページ:http//www.misato-syakyo.or.jp
Facebook ページ:https://www.facebook.com/misatosyakyo

※本事業は三郷市と三郷市社会福祉協議会の共催事業です
[PR]
by misato-syakyo | 2013-12-17 17:13 | 社協の事業 | Comments(0)
社協だより12月号を発行しました。
三郷市社協の機関紙「社協だより12月号」のpdf版を三郷市社会福祉協議会のホームページにアップしました。

d0081884_9523319.jpg

12月号の主な記事は
● 三郷市社会福祉大会を開催
●ふくし講座参加者募集
●第3回介護教室参加者募集
●地域交流 前谷小学校&戸ヶ崎老人福祉センター・戸ヶ崎老人デイサービスセンター
「社協だより」は、三郷市の広報紙「広報みさと」と一緒に全戸配布されるほか、三郷市内の公共施設や、JR三郷駅、新三郷駅、TX三郷中央駅などに設置しています。

[PDF版社協だよりを読んでみる]

[PR]
by misato-syakyo | 2013-12-15 08:30 | 広報紙 | Comments(0)
日用品・雑貨等いただきました(ダイナム戸ヶ崎店様)
昨日(11月27日)、ダイナム戸ヶ崎店様が三郷市社協に来所され、日用品・雑貨等多数を寄付していただきました。

d0081884_1113214.jpg


いただきました物品は市内の福祉団体等に配布し、活用してもらうなどして有効に使わせていただきます。
ダイナム戸ヶ崎店様、ありがとうございましたm(_ _)m

d0081884_11134522.jpg


ダイナム様はグループ全体で社会貢献活動に取り組んでいます。
各地の社会福祉協議会にも寄付やボランティア活動などでご協力いただいております。
詳しくは、ダイナムグループの社会貢献活動ブログ(http://dynam.typepad.jp/dynamblog/)で
[PR]
by misato-syakyo | 2013-11-28 11:15 | 寄付 | Comments(0)
社協だより9月号を発行しました。
三郷市社協の機関紙「社協だより9月号」のpdf版を三郷市社会福祉協議会のホームページにアップしました。

d0081884_17304389.jpg

9月号の主な記事は
● 赤い羽根共同募金運動が始まります
● 第6回三郷市社会福祉大会のお知らせ
● 第2回介護教室、あんしんサポートネットのご案内
● ふくし伝言板
「社協だより」は、三郷市の広報紙「広報みさと」と一緒に全戸配布されるほか、三郷市内の公共施設や、JR三郷駅、新三郷駅、TX三郷中央駅などに設置しています。

[PDF版社協だよりを読んでみる]


※今年度も赤い羽根の共同募金運動で、初音ミクのクリアファイルプレゼントを行います!
 まずは「社協だより96号」をご覧ください!
 今後、このブログや三郷市社協フェイスブックページでも情報をUPしていく予定です。
[PR]
by misato-syakyo | 2013-09-13 08:30 | 広報紙 | Comments(0)
2013彩の国ボランティア体験プログラムはじまります。
ボランティアしたい人、あつまれー!

ボランティアに関心はあるけれど、どうすればいいの?
ボランティア活動に興味はあっても、参加するきっかけがなかったかたに、ボランティア体験の機会を提供する「彩の国ボランティア体験プログラム」。今年も実施します。最初の一歩には、まさに絶好のチャンス、ぜひご参加を!

ボランティア始めるのはいつ?今でしょ!

主催:埼玉県社会福祉協議会、市町村社会福祉協議会

参加対象者
希望するプログラムの参加条件を満たし、事前説明会に参加できるかた
*プログラムの一例(高齢者施設の納涼会の手伝い、保育所の保育ボランティア、児童館のイベントの手伝い、障がいのある人とスポーツするなど色々な活動があります)
*プログラムの詳細については、参加申込書をご覧ください。

申し込み方法
申込書に必要事項を記入のうえ、お申し込みください(先着順)。

1.来所
ボランティアセンターで受付(平日の午前8時30分から午後5時15分まで)
2.郵送・ファックス
※7月1日(月)から5日(金)は、電話で仮予約を受け付けます。仮予約後3日以内に必ず申込書を提出してください。
ボランティアセンターのホームページからも参加申込書がダウンロードできます。
d0081884_18291571.jpg
申込期間
7月1日(月)から7月12日(金)までに必着

参加費用
無料(ただし、昼食代、交通費などの自己負担あり)

事前説明会
会場:三郷市健康福祉会館5階ボランティアセンター(三郷市花和田638-1)

【日 時】
7月16日(火)午後4時から5時まで
7月17日(水)午後4時から5時まで
7月18日(木)午後4時から5時まで

会場:瑞沼市民センター(三郷市上彦名870)

【日 時】
7月12日(金)午後7時から8時まで

会場:三郷市鷹野文化センター(三郷市鷹野4-70)

【日 時】
7月13日(土)午後2時から3時まで

会場:三郷市文化会館2階視聴覚室(三郷市早稲田5-4-1)

【日 時】
7月15日(月)午前10時から11時まで

※開始時刻までに受付を済ませてください
申込書設置先
三郷市ボランティアセンターのほか、市内の下記の施設に設置しています。
北公民館、文化会館、鷹野文化センター、コミュニティセンター、東和東・彦成・高州の各地区文化センター、世代交流館ふれあいパーク、市立・早稲田・北部の各図書館、瑞沼市民センター、ららほっとみさと、ピアラシティ中央公園交流センター
※このプログラムに関する問い合わせ・申し込みは、上記施設ではなく三郷市ボランティアセンターにしてください。

問い合わせ・申し込み
三郷市ボランティアセンター(三郷市社会福祉協議会内)
〒341-0041 埼玉県三郷市花和田638-1 三郷市健康福祉会館5階
電話:048-953-4191 Fax:048-953-4192

そのほか
ボランティアセンター主催の事前説明会以外にも、活動先によっては事前説明会を行なうところがあります。その場合も必ず参加してください。

関連サイト
埼玉県ボランティア・市民活動センター
http://www.fukushi-saitama.or.jp/saitama03/volunteer/

[PR]
by misato-syakyo | 2013-06-24 18:35 | ボランティア | Comments(0)
ふくし講座日曜日コースの3日目です。
ふくし講座日曜日コースも最終日を迎えました。寒い中、たくさんのかたに参加していただきました。ありがとうございます。

3日目は、行政書士の篠田直人さんをお招きし、「争わないための相続と想いを伝える遺言」と題しての講義です。

第一部は相続の流れについて、事例を交え説明をいただきました。
みなさん、真剣にメモを取りながら、先生のお話に聞き入っていました。
相続税がかかるかたよりも、スムーズに相続手続きが進まずに、裁判所でお世話になるかたの方が多いそうです。
トラブルを避けるためにも、残された家族を守るためにも、遺言の作成が大切なのです!…ということで、休憩を挟み、第二部に続きます。

d0081884_8455146.jpg


続きまして。第二部は、遺言についてです。
3日目のタイトルの「想いを伝える遺言」のとおり、「財産があってもなくても残された自分の家族を守るため、自分の大切な人を守るため」遺言を作成してくださいね、と先生よりお話がありました。
遺言なんて財産がある人が揉めないために作るものだと思っていましたが、何だかロマンチックだな…と思いました。
その他先生より、自筆遺言は、内容の不備があるケースが多く、無効になる場合もある、遺言は、判断能力がある時(元気な時)にしか書けないなどのお話がありました。(全部お伝えできなくて残念です)

参加者の皆さんからもたくさんの質問も出て、遺言書の大切さがわかったとの声をいただきました。

さて、日曜日コースは、今回で終了となります。講座に協力してくださった先生、参加者のみなさんありがとうございました!
[PR]
by misato-syakyo | 2013-02-18 08:46 | 社協の事業 | Comments(0)