Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
タグ:ボランティア ( 273 ) タグの人気記事
(続き)被災地でのボランティア活動に参加したいと考えている"あなた"へ(熊本県災害ボラセン)
熊本県社会福祉協議会のウェブサイトの転載の続きです。
前半はこちらの記事をご覧ください

以下転載(平成28年4月20日 熊本県ボランティアセンター)

◎災害ボランティアに参加する場合は、次のような点にご留意ください。

6 主な活動内容について
地震、噴火、津波、河川の氾濫、豪雪など災害の種類等によって活動内容が異なる場合もありますが、主な活動は次のとおりです。
(1) 被災者の住居のあとかたづけ、敷地内や住居内の汚泥の除去
(2) 避難所でのお手伝い(食事のお世話、救援物資の配付など)
(3) 救援物資の仕分け(衣料、飲料、食料品、衛生用品などに分ける作業)
(4) 災害ボランティアセンターの運営のお手伝いなど
* 詳しくは、被災地の災害ボランティアセンターのホームページ等でご確認ください。

7 活動中の「10の心がまえ」
(1) 被災地での活動は、現地の災害ボランティアセンターの指示に従って行動してください。
(2) 残念ながら、被災地ではボランティアをよそおった窃盗や詐欺などの犯罪行為をする人たちもいます。被災者に不信感を与えないように、災害ボランティアセンターで用意された名札をキチンとつけてください。また、活動現場に到着したら、身分証などを提示しながらの自己紹介をおすすめします。
(3) 休憩時間には、被災者や一緒に活動するボランティアに、自分の住んでいる地域や出身地の歴史や伝統、文化、方言、暮らしぶり、自分の趣味などを紹介して、コミュニケーションを深めましょう。連帯感や友情が深まり、「絆」が生まれます。チャレンジしてみましょう。
(4) ボランティアも人間です。無理をせず、こまめに休憩や水分補給をしましょう。夏場の水分補給は20~30分おきに、のどが渇いていなくても補給するよう心がけてください。
(5) 作業に危険を感じた場合は、「できません」「無理です」「災害ボランティアセンターから、してはいけないと言われています」とハッキリと断りましょう。
(6) ボランティア活動には、「約束を守る」というルールがあります。安易に「できます」「やります」と約束せず、少し無理する場合や、わからないことがあれば、速やかに災害ボランティアセンターに問い合わせてください。
(7) ボランティアが頑張っているので、疲れているのに一緒に無理して作業を手伝おうとする被災者もおられます。「私たちボランティアが来ている時くらいは、ゆっくり休んでください」と気配りしましょう。
(8) 被災した家屋の前でのボランティアの集合写真の撮影や、被災者との記念撮影をお願いする行為は、被災者の心情を考慮して絶対にしないでください。
汚れたり壊れたりしている被災者宅の品々は、ゴミやガレキではなく、被災者にとっては『思い出の品』です。「捨てていいですか?」「どうしましょうか? 」ではなく「洗って、とっておきましょうか?」と尋ねましょう。
(9) ゴミ袋を携行し、ボランティアのゴミは必ず持ち帰ってください。
被災地や被災者宅は、災害ゴミであふれかえっています。これ以上のゴミを被災地に増やさないことも大事なエチケットです。
(10) 災害ボランティアセンターに行っても作業がない場合もあります。作業がないからといって怒らないでください。それは、たくさんのボランティアが参加しているからで、喜ばしいことでもあります。「待つこともボランティア」なのです。

8 問合せのマナーについて
被災地の市役所や役場、災害ボランティアセンターに安易に電話や電子メールで問い合わせることは、できる限り控えてください。
被災者からの「助けてください」などの問い合わせの電話がかかりにくくなる恐れがあるからです。
メールも回答するのに時間や手間がかかることから、かえって迷惑になります。
このため、被災地の情報を入手する際は、まず初めに、被災地の市役所や役場、社会福祉協議会、災害ボランティアセンターのホームページをしっかり閲覧しましょう。
東日本大震災以降の災害では、停電や冠水などによりパソコンが使えなかったことから、携帯電話やスマートフォンなどの携帯端末による情報発信が積極的に活用されています。特に「ツイッター(twitter)」には、災害ボランティアや物資の募集などの被災地支援の情報がタイムリーに発信されていますので、情報収集にお役立てください。そして、これらの方法でも情報が不十分な場合に限って電話による問合せをしてください。
 「できる限り電話やメールをしない」という「配慮」もボランティア活動のひとつです。


現地で受け入れを行っている人たちも被災者です。配慮を持って活動に向かってください。
[PR]
by misato-syakyo | 2016-04-21 15:53 | 災害/防災情報 | Comments(0)
被災地でのボランティア活動に参加したいと考えている"あなた"へ(熊本県災害ボランティアセンター)
熊本県、大分県のいくつかの市町村で災害ボランティアセンターが開設されました。
この時を待っていた方も多いとは思いますが、活動に行く前に今一度見ておいて欲しい情報が熊本県社会福祉協議会のウェブサイトにあります。
ちょっと長くなりますので2回に分けて転載いたします。

以下転載(平成28年4月20日 熊本県ボランティアセンター)

Ⅰ 被災地でのボランティア活動に参加したいと考えている"あなた"へ

被災者への生活支援や被災地の復興支援のボランティア(以下「災害ボランティア」)活動に参加する際は、いろいろな準備が必要となります。
無計画に被災地へ向かっても、欠航、運休、通行止め等で現地入りできなかったり、現地に到着してもボランティアの募集が行われていなかったりする場合もあります。
被災地の市区町村に設置される「災害ボランティアセンター」で最新の情報を入手し、綿密な計画を立てて現地に向かいましょう。

◎災害ボランティアに参加する場合は、次のような点にご留意ください。

1 食事・宿泊場所について
被災地のボランティアセンターでは、基本的には、食事・宿泊場所は用意されません。
食費・宿泊費はボランティアの自己負担となります。
避難所は被災者の方が避難する場所であって、ボランティアが宿泊する場所ではありません。
現地やその付近で被災のなかったホテルや民宿への宿泊、車中泊、テントと寝袋を持参しての寝泊まりなど各自で確保してください。

2 携行品・持参品について
災害の種類、電気・ガス・水道・交通網などライフラインの復旧状況、季節によって準備品が異なりますが、基本的には次のようなものが必要となります。
作業着(長袖、長ズボン)、帽子(キャップ型)、雨具(カッパ、レインコート等)、防塵マスク、作業用ゴーグル、軍手、作業用の皮手袋、安全靴(クギ等の踏み抜き防止の中敷きを入れたスニーカでも可)、ビニール製スリッパ(家屋内の片付けで、ガラスの破片等からのケガを避けるため布製は不可)、タオル、ラジオ、携帯電話、飲料、弁当、塩飴、防寒着、使い捨てカイロなど
ご家庭にヘルメット、移植ゴテ、作業用皮手袋、ブルーシートなどがある場合には、持参を求められることもあります。
詳しくは、必ず現地の災害ボランティアセンターのホームページ等で確認して、ご準備ください。

3 交通手段について
被災地までの往復の交通手段は、ボランティアが各自で確保します。交通費も自己負担となります。
災害による欠航、運休、通行止め等で現地入りできない場合も想定されます。
また、レンタカーは、被災者の自家用車の流失や故障、救援車両としての利用の増加で、車両不足が生じます。ガソリンなどの燃料も品薄で、入手しにくくなります。

4 安全の確保について
活動への参加や活動期間は、家族等に必ず伝えて出発してください。
また、万が一の事故・ケガに備えて、出発地の社会福祉協議会で、ボランティア活動保険へ加入してください。
熊本地震による災害では、地震による事故やケガも補償する天災タイプのボランティア活動保険への加入が必要です。
災害ボランティアセンターでは、加入を義務付けています。
補償内容や保険料など詳しいことは、お住いの市町村の社会福祉協議会にお問い合わせください。

5 未成年者の参加について
保護者や引率者のいない高校生以下の方の参加については、押印のある保護者の同意書の提出が求められる場合があります。


現地で受け入れを行っている人たちも被災者です。配慮を持って活動に向かってください。

続きはこちらの記事をご覧ください。
[PR]
by misato-syakyo | 2016-04-21 15:44 | 災害/防災情報 | Comments(0)
2016年賀状を発送しました!~ひとり暮らし高齢者友愛通信事業~
三郷市社会福祉協議会では、赤い羽根共同募金を財源にお一人暮らしの高齢者の方々へ年2回暑中見舞いと年賀状をお送りする事業「友愛通信事業」を実施しています。
こちらの事業は、ボランティアグループ「三郷あしたばの会」のみなさんにご協力をしていただいています。

今年の年賀状も、あしたばの会のみなさんのご協力と併せて、三郷市立丹後小学校の児童のみなさんにもご協力いただき、ハガキを書いてもらいましたので写真で一部をご紹介します。
d0081884_1728999.jpg

d0081884_17282299.jpg
d0081884_1728347.jpg
d0081884_1728452.jpg


お一人お一人が良い年を迎えられるように、ボランティア、丹後小学校児童のみなさんが心をこめて書いてくれました。

三郷市社会福祉協議会は、「誰もが暮らしやすい福祉のまちづくり」を目指して住民のみなさんと事業を進めています。友愛通信事業も、年賀状を通した住民同士のささえあい活動につながっています。
[PR]
by misato-syakyo | 2015-12-26 11:00 | 社協の事業 | Comments(0)
ボランティアみさと10月号発行しました。
三郷市ボランティアセンターが発行する情報紙「ボランティアみさと」10月号が発行されました。

d0081884_109505.jpg


今号の内容は
◎大地震や風水害への備え・災害時に助け合う仕組み『災害ボランティア養成講座』
【案内】笑いヨガ体験、地域で共に生きるナノ クリスマス会
【募集】『地域で見つける居心地の良いトキ 良いヒト 良いトコロ』



このボランティア情報紙は、三郷市内の公共施設やお店などに置いてあります。ぜひ、手にとってご覧ください。
設置場所はこちらをご覧ください。(ちょっと下にスクロールしてください)

また、三郷市社協(ボランティアセンター)のウェブサイトでPDF版を見ることができますので、ご利用ください。
[PR]
by misato-syakyo | 2015-10-27 10:10 | ボランティア | Comments(0)
【転載】平成27年度 被災地支援・災害ボランティア情報(12号)
台風18号による大雨災害について全国社会福祉協議会がまとめている「平成27年度 被災地支援・災害ボランティア情報(12号)」を転載します。

以下、転載
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成27年度 被災地支援・災害ボランティア情報(12号)
台風18号による大雨にかかる被害状況等について(第6報)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成27年9月13日(日)18時00分発行
全国社会福祉協議会 地域福祉部
全国ボランティア・市民活動振興センター
http://www.saigaivc.com/
=================================================
各県の被害状況については、以下の内閣府のホームページにて、ご確認ください。
http://www.bousai.go.jp/
=================================================
台風第18号に伴う大雨により栃木県、茨城県、宮城県を中心に、河川の堤防決壊による広範囲での浸水被害や土砂崩れなどの被害が生じています。
現在も複数の県において交通規制や停電・断水等が続いている地域もあります。
┏━━━┓
 栃木県
┗━━━┛  
栃木県庁の発表によると、鹿沼市では全壊4棟、日光市で一部損壊7棟、床上浸水30棟、床下浸水59棟、野木町で床上浸水9棟、床下浸水207棟などの被害が出ています。また、小山市では現在も被害多数となっています。(栃木県庁 9月11日13時00分時点)

■■鹿沼市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「鹿沼市災害ボランティアセンター」の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鹿沼市社協は9月10日に「鹿沼市災害ボランティアセンター」を開設し、ボランティア活動を行っています。
詳細については鹿沼市社協のホームページをご確認ください、
◆鹿沼市社会福祉協議会
http://kanuma-shakyo.or.jp/

■■小山市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「小山市災害ボランティアセンター」の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小山市社協は9月11日に「小山市災害ボランティアセンター」を開設し、ボランティア活動を行っています。
詳細については小山市社協のホームページをご確認ください。
◆小山市社会福祉協議会
http://oyama-syakyo.or.jp/

■■栃木市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「栃木市災害ボランティアセンター」の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
栃木市社協は9月11日に「栃木市災害ボランティアセンター」を開設し、ボランティア活動を行っています。
昨日は127名(第5報から修正)のボランティアが活動に参加しました。
詳細については栃木市社協のホームページをご確認ください。
◆栃木市社会福祉協議会
http://www.tochigishi-shakyo.or.jp/

■■日光市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「日光市災害ボランティアセンター」の開設
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日光市社協は本日9月13日に「日光市災害ボランティアセンター」を開設し、被災家屋の片付けや清掃、被災された方の困りごとに対する手伝いなどへのボランティア活動を行っています。
詳細については日光社協のホームページをご確認ください。
◆日光市社会福祉協議会
http://www.shakyo-nikko.or.jp/
◆日光市災害ボランティアセンターFacebook
https://www.facebook.com/nikkovolucen

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
栃木県内の支援
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
栃木県社協では県内社協の状況把握、センター運営支援等に6名の職員を派遣しています。
また、昨日より県内社協職員による各地のセンター運営支援等も行われています。
◆栃木県社会福祉協議会
http://blog.canpan.info/t-shakyo/
◆栃木県災害ボランティア情報
http://blog.canpan.info/t-shakyo/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全社協の動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
職員1名が昨日より栃木県に入り、被害状況や支援状況の状況把握等を行っています。
┏━━━┓
 茨城県
┗━━━┛  
茨城県庁の発表によると、常総市で床上浸水4,400棟、床下浸水6,600棟
境町で床上浸水195棟、床下浸水280棟などの被害が出ています。
(茨城県庁 9月13日11時00分時点)

■■常総市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「茨城県災害ボランティアセンター」の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
常総市においては、茨城県、常総市、茨城県社協、常総市社協等で連携した茨城県災害ボランティアセンターが9月12日に開設され、ボランティア活動が行われています。
昨日は212名のボランティアにより、避難所での被災者支援や救援物資の仕分け等の活動が行われました。
常総市内は現在も浸水地域があり、また被害状況の把握が困難であり交通規制等もされています。
明日以降の活動の詳細等については茨城県庁のホームページをご確認ください。

◆茨城県庁
http://www.pref.ibaraki.jp/

■■境町■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「境町災害ボランティアセンター」の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
境町社協では9月12日に「境町災害ボランティアセンター」を開設し、ボランティア活動を行ています。
昨日は20名のボランティアにより、被災家屋の片付けなどの活動が行われました。
境町では住民同士の助け合いにより片付け等が進んでおり、ボランティアニーズも減ってきているため、ボランティア募集は町内住民を対象としています。

■■つくば市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「つくば市災害ボランティアセンター」の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つくば市社協が本日9月11日に「つくば市災害ボランティアセンター」を開設し、避難所に市内外から避難されてきた方の支援を行っています。
昨日は11名のボランティアにより避難所運営の手伝いが行われました。
詳細についてはつくば市社協のホームページをご確認ください。
◆つくばボランティアセンター
http://tsukuba-vc.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
茨城県社協の動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
茨城県社協では、本日県社協職員4名を常総市に派遣し、状況確認や運営支援等を行っています。
また常総市内のボランティア活動の支援等を行うため、市町村社協に対し職員派遣の調整を行っています。
◆茨城県社会福祉協議会ホームページ
http://bit.ly/1JYfrQ1
◆茨城県社会福祉協議会Facebook
http://on.fb.me/1M0L3VK


┏━━━┓
 宮城県
┗━━━┛  
宮城県庁の発表によると、大和町で床上浸水64棟、床下浸水88棟、栗原市で床上浸水97棟、床下浸水192棟などの被害が出ています。
また大崎市や仙台市の被害状況については現在も調査中となっています。
(宮城県庁 9月13日10時00分)

■■大崎市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「大崎市災害ボランティアセンター」の開設
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
渋井川の堤防が決壊により、広範囲で浸水被害が発生した大崎市では、大崎市社協が本日9月13日に「大崎市災害ボランティアセンター」を開設し、ボランティア募集や活動を開始しました。

開設場所:大崎口腔ボランティアセンター(大崎市古川南町1-6-2)
受付時間:9時00分~11時00分

なお、大崎市内の道路は現在も道路陥没や土砂崩れになど通行止め等が続いており、混雑が良そうされることから、ボランティアの募集範囲を、
個人:大崎市内在住の高校生以上
団体:県内の団体・企業・法人等
としています。また、団体は事前登録が必要となります。
詳細については、大崎市社協のホームページをご確認ください。
◆大崎市社会福祉協議会
http://www.osaki-shakyo.com/

■■大和町■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大和町社会福祉協議会の動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
吉田川の氾濫により家屋の床上浸水・床下浸水被害が多数発生した大和町では、大和町社協が本日9月13日に「大和町災害ボランティアセンター」を開設しました。

開設場所:大和町保健福祉センター(ひだまりの丘)(大和町吉岡字舘下88)

本日は地元の青年会議所や近隣企業社員によりボランティア活動が行われました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宮城県社協の動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
県社協では大崎市、大和町にそれぞれ職員を1名派遣して、センターの運営支援等を行っています。
また、県内社協による災害時相互支援協定により、県内市町社協職員によるセンターの運営支援等が行われています。

◆宮城県社会福祉協議会
http://www.miyagi-sfk.net/

●災害救助法の適用●
【茨城県】
〔法適用9月9日〕
  古河市(こがし)
  結城市(ゆうきし)
  下妻市(しもつまし)
  常総市(じょうそうし)
  守谷市(もりやし)
  筑西市(ちくせいし)
  坂東市(ばんどうし)
  つくばみらい市(つくばみらいし)
  結城郡八千代町(ゆうきぐんやちよまち)
  猿島郡境町(さしまぐんさかいまち)

【栃木県】
 〔法適用9月9日〕
  栃木市(とちぎし)
  佐野市(さのし)
  鹿沼市(かぬまし)
  日光市(にっこうし)
  小山市(おやまし)
  下野市(しもつけし)
  下都賀郡壬生町(しもつがぐんみぶまち)
  下都賀郡野木町(しもつがぐんのぎまち)

【宮城県】
 〔法適用9月10日〕
  仙台市(せんだいし)
  栗原市(くりはらし)
  東松島市(ひがしまつしまし)
  大崎市(おおさきし)
  宮城郡松島町(みやぎぐんまつしままち)
  黒川郡大和町(くろかわぐんたいわちょう)
  加美郡加美町(かみぐんかみまち)
  遠田郡涌谷町(とおやぐんわくやちょう)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
社会福祉法人 全国社会福祉協議会
地域福祉部/全国ボランティア・市民活動振興センター
電話 03-3581-4655/4656
E-mail vc00000@shakyo.or.jp
災害情報専用HP:http://www.saigaivc.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[PR]
by misato-syakyo | 2015-09-14 10:33 | 災害/防災情報 | Comments(0)
ボランティアみさと9月号発行しました。
三郷市ボランティアセンターが発行する情報紙「ボランティアみさと」9月号が発行されました。

d0081884_1010292.jpg


ボランティア体験プログラムのひとコマ「みんな大好き!パラバルーン」などが掲載されています。

このボランティア情報紙は、三郷市内の公共施設やお店などに置いてあります。ぜひ、手にとってご覧ください。
設置場所はこちらをご覧ください。(ちょっと下にスクロールしてください)

また、三郷市社協(ボランティアセンター)のウェブサイトでPDF版を見ることができますので、ご利用ください。

オラに元気を分けてくれ!な表紙が目印です。
[PR]
by misato-syakyo | 2015-09-01 10:12 | ボランティア | Comments(0)
ボランティアみさと8月号発行しました。
毎月25日に発行している三郷市ボランティアセンターの情報紙ボランティアみさと。
7/25に最新号の8月号を発行しました。
d0081884_83614.jpg

今号では...
【活動紹介】
見る人を元気にするダンスパフォーマンス!
ヨサコイソーラン真来寿(まっくす)
【ボランティア募集】
越谷レイクタウン献血ルーム
【助成金情報】
大和証券福祉財団ボランティア活動助成のご案内

...の、記事を掲載しています。
三郷市内の公共施設等に情報誌を設置している他、社協ホームページからPDFファイルをダウンロードできます。また、ホームページではバックナンバーもご覧いただけます。

情報誌を置いてもいいよという方がいらっしゃいましたら、三郷市ボランティアセンター(電話:048-953-4191、メール:mvc@misato-syakyo.or.jp)までご連絡ください。
[PR]
by misato-syakyo | 2015-07-27 08:36 | ボランティア | Comments(0)
2015彩の国 ボランティア体験プログラムのお知らせ
関東も梅雨に入り、毎日不安定な天気が続いていますが、夏の到来も間近です。
”夏”といえば、彩の国ボランティア体験プログラム!

既に、6月15日発行の社協だよりで、『2015彩の国ボランティア体験プログラム』のご案内を掲載していますが、明日6月19日(金)から三郷市ボランティアセンターのHPでも、今年の体験プログラムの詳細をご覧いただけるようになります。
暑い夏に、ボランティアを通じて、たくさんの思い出作りをしてみませんか?

申し込み受付開始は、6月26日(金)からです。
奮ってご参加ください!

d0081884_8453098.png

[PR]
by misato-syakyo | 2015-06-18 19:51 | ボランティア | Comments(0)
ふれあい電話交流会を開きました
1月21日(水)に、老人憩いの家「やすらぎ」荘を会場に、「ふれあい電話事業」(ひとり暮らし高齢者への電話訪問事業)の利用者さんと電話をかけてくださるボランティアさんとの交流会を開催しました。
当日は、雪がちらつき、とても寒かったのですが、そんな悪天候の中でも18人(男性8人女性10人)の利用者さんが来てくださいました。なんと、参加者の中には103歳の方もいらっしゃいました。

まずは、「三郷あしたばの会」会長からのご挨拶。
挨拶の中で、当日誕生日を迎えられた方を紹介し、みんなで「お誕生日おめでとう!」とお祝いしました。その後は、お弁当を食べながらのおしゃべりの時間。デザートにどら焼きもついていました。
d0081884_139734.jpg

お昼を食べた後は、介護老人保健施設「三郷ケアセンター」の理学療法士の方より腰痛に関するお話を聞きます。家でもできる簡単なストレッチも教えていただきましたよ。
講師の身体の動かし方を見ながら、みんなでストレッチをしたのがこちらの写真です。
なかなか一人ではできない運動もみんなでやるとなると、やってみようと思えるから不思議です。
d0081884_139219.jpg

参加者からは「とても楽しかった」「甘酒が美味しかった」「会場が近いので来た。来てよかった」「ボランティアさんに感謝」等の言葉がありました。短い時間でしたが、楽しいひとときを過ごすことができました。

※ふれあい電話事業には、赤い羽根共同募金の配分金が使用されています。
[PR]
by misato-syakyo | 2015-01-29 13:09 | 社協の事業 | Comments(0)
年賀状の返信が届いています~ひとり暮らし高齢者への年賀状送付から~
ひとり暮らしの高齢者の方にお届けした年賀状の返信が届いています。
毎年ボランティアグループ「三郷あしたばの会」のみなさんにご協力いただいて年賀状を書いているのですが、今年の年賀状の一部は、丹後小学校の児童のみなさんにも書いていただきました。

年が明けまして、年賀状をお送りした方からご丁寧にお返事をいただきました。
d0081884_9525512.jpg

一枚のハガキからこんなにも元気を貰えるものなんですね(^^)

※この事業(ひとりぐらし高齢者友愛通信事業)には赤い羽根共同募金の配分金が使われています。
[PR]
by misato-syakyo | 2015-01-09 09:56 | 社協の事業 | Comments(0)