Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
「ボランティアみさと」6月号が出来ましたヾ(*´∀`*)ノ
三郷市ボランティアセンターが発行する情報紙「ボランティアみさと」6月号が発行されました。

d0081884_11494894.jpg

このボランティア情報紙は、三郷市内の公共施設やお店などに置いてあります。ぜひ、手にとってご覧ください。
設置場所はこちらをご覧ください。(ちょっと下にスクロールしてください)

また、三郷市社協(ボランティアセンター)のウェブサイトでPDF版を見ることができますので、ご利用ください。

6月号には、コンサート運営ボランティア募集、保育所ボランティア募集、茨城県竜巻災害義援金募集など盛りだくさん!
[PR]
by misato-syakyo | 2012-05-28 11:50 | 広報紙 | Comments(0)
臨時休業日のお知らせ(地域包括支援センターみずぬま)【追記あり】
地域包括支援センターみずぬまからのお知らせです

地域包括支援センターみずぬまが入っている三郷市立瑞沼市民センターが定期清掃のため、平成24年6月4日(月)に臨時休館となります。
これに伴い、地域包括支援センターみずぬまは、臨時休業いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

【追記】三郷市HPより引用
ご相談のある方は、三郷市役所ふくし総合相談室地域支援係までご連絡ください。
問い合わせ:ふくし総合相談室地域支援係 電話048(930)7793


(参考サイト)
ふくし総合相談室
三郷市HP ”瑞沼市民センター臨時休館のお知らせ”
[PR]
by misato-syakyo | 2012-05-25 11:12 | ご案内 | Comments(0)
茨城県竜巻災害義援金募集
茨城県竜巻災害義援金募集(茨城県共同募金会)

平成24年5月6日に発生した竜巻により、家屋の倒壊等の災害が発生し、つくば市、常陸大宮市、筑西市、桜川市に災害救助法が適用されました。
茨城県共同募金会は、この災害で被災を受けられた方々を支援することを目的に、義援金の募集を実施します。

◆義援金の名称
茨城県竜巻災害義援金

◆受付期間
平成24年5月8日(火)から平成24年7月31日(火)まで

◆義援金受入口座 
※口座名義はいずれも「社会福祉法人茨城県共同募金会 茨城県竜巻災害義援金」(ゆうちょ銀行を除く)

①常陽銀行 本店(004)普通預金 3628080
②筑波銀行 県庁支店(060)普通預金 1102175
③茨城県信用組合 千波支店(024)普通預金 7548005
④中央労働金庫 水戸南支店(170)普通預金7344970
⑤茨城県信用農業協同組合連合会 本店(001)普通預金 0007656

⑥ゆうちょ銀行 口座記号番号 00120-3-774
名義:茨城県共同募金会(竜巻災害義援金)

※常陽銀行、筑波銀行については、本店・支店間の窓口からの振込手数料並びに、全国銀行
協会加盟の銀行からの振込手数料が、無料となります。
※茨城県信用組合の本店・支店間の窓口からの振込手数料は、無料となります。
※ゆうちょ銀行の振替料金は、無料となります。
※茨城県信用農業協同組合連合会は、茨城県内のJA・信連間の窓口からの振込手数料が無料となります。
※ATM及びインターネットバンキングを利用しての振込みは、手数料がかかります。

◆現金書留による送金
〒310-0851
茨城県水戸市千波町1918番地 茨城県総合福祉会館2階
社会福祉法人 茨城県共同募金会

※個人の方は、郵便料金が免除されます。
※現金書留用の封筒に「救助用郵便」と明記してください。

◆義援金の配分
茨城県に設置される義援金配分委員会で決定し、被災者に配分されます。

◆義援金の課税上の取扱い
この義援金は、所得税法第78条第2項第1号及び法人税法第37条第3項第1号に規定する「国又は地方公共団体に対する寄附金」に該当します。
(税の軽減を受けるためには、義援金の領収書の添付など所定の手続きが必要です。)

◆その他
災害義援金のみを取り扱います。救援物資・物品は取り扱いません。

◆留意事項
※各行本支店の窓口からの振込手数料は、無料となります。ATMおよびインターネットバンキングを利用しての振込みは、手数料がかかります。
※税制上の優遇措置を希望する場合は、お手数ですが「領収書発行依頼書」を本会までご送付願います。後日、本会発行の領収書を送付いたします。

◆問い合わせ先
茨城県共同募金会 事務局 電話:029‐241‐1037

[PR]
by misato-syakyo | 2012-05-16 09:56 | 災害/防災情報 | Comments(0)
サラリーマン(ウーマン)ボランティア活動助成
サラリーマン(ウーマン)ボランティア活動助成
○公益財団法人大同生命厚生事業団○


日ごろは会社などに勤務しながら、休日などを利用して「高齢者・障害者の福祉やこどもの健全な心を育てる交流のボランティア活動」を行なっている方々の活動に対して助成しています。

◆助成趣旨
サラリーマン(ウーマン)のボランティア活動を支援することによりサラリーマン(ウーマン)のボランティア活動の振興と社会福祉の向上に寄与することを目的とする。

◆応募資格
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするサラリーマン(ウーマン)の個人もしくはそのグループ。(グループの場合、サラリーマン(ウーマン)がグループ全体の80%以上であることを要する。)
また、過去5年以内に当財団の助成を受けた人(グループ)は除く。

◆対象となる活動
  1. 高齢者福祉に関するボランティア活動
  2. 障害者福祉に関するボランティア活動
  3. こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動で、内容が先駆性、継続性、発展性があり、効果が予測できるもの
    ※例えば、
    • こどもと高齢者との交流
    • こどもと外国人との交流
    • 健常のこどもと障害を持つこどもとの交流
    • こどもと働く人々との交流
    • 不登校児、ひきこもりのこどもとの交流

    など、ただし、少年野球・サッカーなどのスポーツ活動や通常のこども会活動は除く。いずれも目的、計画等が明確な日本国内での無償の活動とする。


◆助成金
シニアボランティアと合わせて、総額 600万円以内。 1件 原則10万円。
内容が優れている場合は20万円限度で助成。
直接ボランティア活動に要する費用とし、シンポジウムや講演会開催、グループの事務所家賃、パソコンの購入費用、ボランティアグループのためのセミナー・講習会の開催などの費用は助成の対象としない。

◆応募方法
  1. 当財団所定の申込書に必要事項を記入のうえ、送付してください。(Eメールでの提出は不可)
    申込書は財団ホームページから入手してください。
    または、ファックス等で請求してください。(応募は必ず「A4サイズ」で送付してください)
  2. いずれの助成にも応募資格等条件がありますので、詳しくは「助成に関するQ&A」をご覧のうえ、応募してください。
  3. ボランティア活動助成の応募では、グループの場合は別途「グループ名簿」を提出いただきます。(なお、グループの80%以上がサラリーマン(ウーマン)であることが必要です。)
  4. 同時に複数の助成に応募することはできません。


◆募集期間
平成24年4月2日(月)より平成24年5月31日(木)まで (締切日厳守)

◆書類送付先
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目2番1号 大同生命大阪本社ビル内
公益財団法人 大同生命厚生事業団 事務局
TEL:(06)6447-7101
FAX:(06)6447-7102
URL:http://www.daido-life-welfare.or.jp
E-mail:info@daido-life-welfare.or.jp

[PR]
by misato-syakyo | 2012-05-11 10:00 | 助成情報 | Comments(0)
テッパンセミナー再び!「行列のできる講座の作り方セミナー/全2回」受講者募集中
企画・広報担当者につきまとう不安…さよなら、定員割れ♪

講座やイベントは、どこの組織にもつきものですよね。
毎回押すな押すなの大盛況!でしょうか。それとも…人集めに四苦八苦?そんな悩める方や、今年から事業を企画することになった方にオススメの鉄板セミナーです。

講師は講座平均応募倍率3.3倍を誇る行列講座連発のカリスマプランナー、牟田静香氏。
2回に渡り、「申し込みたくなる企画の立て方」と「手にとってもらえるチラシの作り方」について学びます。

【第1回】行列のできる講座の作り方セミナー
~企画力120%UP↑良いチラシは、良い企画からしか生まれない~

◆日 時
平成24年6月8日(金)午後1時30分~4時30分(開場1時10分)


あらゆる世代の参加を望むと、かえって誰も来てくれません。
どんな視点で企画を練れば、参加したくなる、申し込みたくなる講座になるのか。行列講座のエッセンスたっぷり!楽しいグループワークを交えながら、企画担当者必聴"目からウロコ"のノウハウをギュギュッと、惜しげもなく全部すべてまるっと受講者にプレゼント♪

[前回参加者の声]
○すぐ役立つ魅力的な内容でした。ちらし(=広報)は、あくまでも"手段"しっかり企画を練ることが大切だと感じました。…この講座を受けたことで、言い訳ができにくくなってしまいました。(20代女性)
○講座に参加して"一生懸命やるポイント"が違っていることを知りました。(30代女性)

【第2回】思わず手に取るチラシの作り方セミナー
~ダメダメチラシがステキチラシに大・変・身~

◆日 時
平成24年7月20日(金)午後1時30分~4時30分(開場1時10分)


ダメダメチラシはどこがイケていないのか、実際に使われたチラシを教材にデザインのツボを学びます。チラシ作りが苦手な方でも楽しく参加でき、すぐ役立つテクニックを身につけられるグループワークを交えながら、ステキチラシのポイントを余すことなくご紹介。
センス5割アップ!Windowsワードの裏技も必見です!
[前回参加者の声]
○魅力的なものを作って集客を頑張ろう!という気持ちになれました。…こんなに充実し、楽しい研修は正直初めてでした♪(20代女性)
○ターゲットを絞り込む大切さ、同じ内容でもチラシのデザインによって伝わるイメージも集客数も全然違ってくることがよくわかった。(30代女性)

【牟田静香さんプロフィール】
福岡県出身。NPO法人男女共同参画おおた理事長。企画に携わった当初は定員割れの講座しかでいなかったが、工夫と努力を重ねた結果、今では企画したほとんどが定員オーバーとなり、平均応募倍率は3.3倍に。
現在、そのノウハウを教えて欲しいと、全国の自治体やNPO、市民団体から依頼が殺到、現在は日本全国100ヵ所以上の講演をこなし、この業界では「カリスマプランナー」と呼ばれている。
著書に「人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方」(講談社+α新書)、また「思わず手にとるチラシのWordテクニック基礎編・達人編」(株式会社アスパクリエイト制作)は、講座や企画担当者の必読、必見の教材となっている。


【各回共通】
◆場 所
越谷市中央市民会館会議室
〒343-0813埼玉県越谷市越ヶ谷4-1-1
東武伊勢崎線越谷駅東口徒歩7分
◆対 象
社協職員、市民活動団体等で活動中の方
◆募 集
50人(要事前申込、先着受付順)
◆費 用
無料
◆申 込
FAX、又はE-mailで必要事項をご連絡ください。
○連絡先
三郷市社会福祉協議会
[FAX] 048-953-4192
[E-mail] info@misato-syakyo.or.jp
〒341-0041埼玉県三郷市花和田638-1
三郷市健康福祉会館5階
[TEL]048-953-4191

○必要事項
1.希望日時、 2.氏名(ふりがな)、 3.性別、4.所属、 5.住所、
6.電話、 7.FAX、8.電子メールアドレス、 9.申込動機、10.受講後、どう生かしますか

◆主 催
埼玉県市町村社協連絡会埼葛第1ブロック
越谷市社会福祉協議会 吉川市社会福祉協議会
草加市社会福祉協議会 松伏町社会福祉協議会
八潮市社会福祉協議会 三郷市社会福祉協議会

※本セミナーは埼葛第1ブロック平成24年度事業として実施しますが、県内外社協職員、市民活動団体の方も大歓迎です♪

講座チラシPDFはこちらをクリック!ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

d0081884_18113963.jpg
d0081884_18115083.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2012-05-09 19:32 | ご案内 | Comments(0)
つくば市竜巻被害義援金・災害ボランティアのお知らせ
5/6につくば市などで発生した竜巻災害についての情報です。

①つくば市竜巻被害義援金

つくば市では義援金の受付を行っています。
(1) 来庁していただける場合
受付窓口:つくば市役所1階会計課(つくば市苅間2530番地2(研究学園D32街区2画地))
受付期間:平成24年5月7日(月)から
受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで
※土・日・祝祭日につきましては,取り扱いを行いませんのでご注意ください。

(2) 振込の場合
常陽銀行つくば市役所支店
普通預金 1050407
口座名義 つくば市竜巻被害義援金(ツクバシタツマキヒガイギエンキン) 

振込手数料については,常陽銀行本店及び各支店窓口からのお振り込みについては無料となります。
(ATM及び他の金融機関からの振込は,振込手数料がかかります。)
受領証が必要な方は,つくば市会計課までご連絡ください。

※市役所で受付した義援金は,税法上の優遇措置の対象となります。
市役所で受付した義援金は,確定申告または市・県民税申告の寄付金控除の対象となります。
優遇措置を受けるためには,「受領証」若しくは金融機関から振込をした際の「振込金受取書」を添付して税の申告をすることが必要となりますので,大切に保管してください。

参考リンク
つくば市ホームページ

②つくば市災害ボランティアセンターにおいてボランティアの登録を開始しました

この度、5月6日につくば市で発生した竜巻にて被害を受けた地域へのボランティア登録を開始いたします。今後は、被災者からのニーズに応じて登録者に活動を依頼していくことになります。活動依頼はニーズに応じて行うため、登録されても活動を依頼できない場合もありますので、ご了承ください。

連絡先
◆つくば市災害ボランティアセンター
住所:つくば市苅間2530-2(研究学園D32街区2画地)
つくば市役所2階
電話:029-883-1370
※ボランティア登録受付時間は、9:00~17:00となります。

また、社協でボランティア活動の依頼を行った方には、社協負担でボランティア活動保険(天災プランA)に加入していただきます。

なお、今回の竜巻による被害は、昨年の東日本大震災時と異なり局所的な地域や世帯に限られており、ボランティアニーズも現在のところ多くは上がってきておりません。
また、現場は交通の不便な地域であるため、がれき撤去や復旧工事等の車両で混雑し、交通渋滞を来しております。
ボランティア調整は、被災者の要望や被災地の事情に合わせて、地域事情に詳しい方から活動依頼をさせていただきますので、ご理解のうえご登録をお願いいたします。

参考リンク
つくば市社協ホームページ
[PR]
by misato-syakyo | 2012-05-08 08:38 | 災害/防災情報 | Comments(0)
「岩手 この空の下、明日への道を探して」
新宿御苑前のギャラリーでこんな写真展が開催されています。

国境なき子どもたち写真展 2012
「岩手 この空の下、明日への道を探して」


2011年3月11日、日本観測史上最大の津波が東日本を襲いました。
KnKは、翌日被災地への支援活動を決定し、地理的に遠隔地であること、長期にわたって活動できる団体や個人が少ないだろうという判断から、岩手県を中心に活動を開始しました。
活動当初は、支援の第一段階として、被災地の教育現場が必要とする学校の機能回復を目的としたスクールバスや部活動ユニフォームなどを提供しました。その後、第二段階としては、狭い仮設住宅で自分たちのスペースを確保できない子どもたちが、安心して集える移動型の「走る! KnK子どもセンター」を始動しました。また、地域の人々が集うコミュニティセンターの修復再建も行っています。
今回の写真展では、震災当初から取材を続けていた渋谷敦志、安田菜津紀、佐藤慧という3人のフォトジャーナリストの視点とKnKの視点から、岩手の地で明日へと続く長い道のりを歩み始めた人々を写しました。(カラー約40点)

国境なき子どもたちサイトから

日時:2012年4月26日(木)~5月16日(水) 
   10:00~18:00 (最終日は15:00まで)
   ※日曜および5月3日(木祝)~5月5日(土祝)は休館
会場:アイデムフォトギャラリー「シリウス」  
   東京メトロ丸の内線新宿御苑前駅そば
TEL:03-3350-1211
主催:国境なき子どもたち(KnK)  
企画・構成:国境なき子どもたち(KnK)、FID/映像開発フォーラム
協賛:堀内カラー
協力:G.I.P.Tokyo


ゴールデンウィークのお出かけにいかがですか?
[PR]
by misato-syakyo | 2012-05-02 16:49 | イベントなど | Comments(0)