Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
寄付金をいただきました(朝日信用金庫様)
本日(10月28日)、朝日信用金庫さまが、三郷市社会福祉協議会に来所されました。
CSR活動の一環として、ご寄付いただきました。
ありがとうございます。
いただいた寄付金は、三郷市内の地域福祉事業に大切に使わせて頂きます。

d0081884_13181221.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2011-10-28 13:20 | 寄付 | Comments(0)
ボランティアみさと11月号発行しました
三郷市ボランティアセンターが発行する情報紙「ボランティアみさと」11月号が発行されました。

d0081884_1643875.jpg

このボランティア情報紙は、三郷市内の公共施設やお店などに置いてあります。ぜひ、手にとってご覧ください。
設置場所はこちらをご覧ください。(ちょっと下にスクロールしてください)

また、三郷市社協(ボランティアセンター)のウェブサイトでPDF版を見ることができますので、ご利用ください。

11月号には、赤い羽根共同募金スタートやボランティア募集などを掲載しております。
[PR]
by misato-syakyo | 2011-10-27 16:44 | 広報紙 | Comments(0)
ふれあい広場の終了時刻について
本日、10/22開催中の三郷市ふれあい広場ですが、天候の都合上
予定を少し前倒しさせていただきまして、終了を午後2時頃とさせていただきます。
申し訳ございませんが、ご了承ください。
また、悪天候にも関わらずご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございます。
[PR]
by misato-syakyo | 2011-10-22 13:10 | 社協の事業 | Comments(0)
第21回三郷市ふれあい広場開催
遊ぼう!学ぼう!ふれあおう!
毎年恒例の「三郷市ふれあい広場」の季節が、今年もやってきました。
三郷市内の18の福祉団体などで構成するふれあい広場実行委員会と社協が開催します。
さまざまな出会いや交流がささえあいの輪となり、誰もが安心して豊かに暮らしことができるまちづくりのきっかけにしたいと願い、毎年開催しています。

◆日 時
10月22日(土)午前10時から午後3時まで
※荒天の場合、開催時間を短縮する場合もあります
◆会 場
早稲田公園(三郷市早稲田4丁目4番地)
◆内 容
障がいをテーマにした劇、焼きそば、フランクなどの売店、遊びのコーナー、スタンプラリーなど

[PR]
by misato-syakyo | 2011-10-21 13:30 | 社協の事業 | Comments(0)
臨時職員(パート職員)として看護師を募集中!
三郷市立戸ヶ崎老人福祉センター・老人デイサービスセンターでは、臨時職員(パート職員)として看護師を募集します。
当センターは、老人福祉センターと老人デイサービスセンターの併設施設です。

老人福祉センターは、三郷市内に在住の高齢者の憩いの場として、お風呂やカラオケなどを楽しんでいただく施設です。デイサービスセンター「明るく楽しく賑やかに」をモットーに、介護や支援が必要な高齢者の方へ介護サービスを提供している施設で、スタッフが一丸となり利用者をサポートしています。
あなたも是非スタッフの一員に加わりませんか。
センターの活動状況については、老人福祉センターのブログデイサービスセンターのブログをご覧ください。

*戸ヶ崎老人福祉センター・老人デイサービスセンターは、三郷市の指定管理者として三郷市社会福祉協議会が管理運営しています。

◆募集職種
看護師
◆雇用形態
臨時職員(パート職員)
◆応募資格
看護師または准看護師
◆雇用期間
平成23年11月1日(火)から平成24年3月31日(土)まで
※契約の年度更新あり、勤務開始日は応相談
◆勤務場所
三郷市立戸ヶ崎老人福祉センター・老人デイサービスセンター(埼玉県三郷市戸ヶ崎3-530-2)
◆職務内容
1.老人福祉センターの健康相談や保健衛生上の指導・看護
2.老人デイサービスセンターの看護業務
3.その他、施設に関する事務等
◆勤務時間
月曜日から土曜日のうち指定された5日間
午前8時30分から午後5時15分まで ※応相談
◆休 日
日曜日、年末年始(12/28~1/4)
◆時 給
1,200円から1,250円
毎月末日締め、翌月10日払い
◆応募方法
事前に電話連絡のうえ、履歴書を戸ヶ崎老人福祉センターまで、郵送または持参してください。
◆その他
期末手当・交通費・有給休暇などは、法人の規程によります。
社会保険・雇用保険の適用については、採用条件によります。
退職金はありません。
※今回の募集は、社会福祉法人三郷市社会福祉協議会が採用する臨時職員であり、三郷市の臨時職員ではありません。
◆連絡先
三郷市立戸ヶ崎老人福祉センター・老人デイサービスセンター
〒341-0044 埼玉県三郷市戸ヶ崎3-530-2
電話:048-956-8000

[PR]
by misato-syakyo | 2011-10-19 11:40 | 求人情報 | Comments(0)
平成24年度キリン・子育て公募助成
平成24年度キリン・子育て公募助成

『キリン福祉財団 キリン・子育て公募事業』では、「地域に根付く小さな福祉活動」を対象とする公募事業として平成7年に開始され、今回で18回目を迎えます。
平成23年度までに1,439の民間団体に総額約3億8千万円を助成してきました。

  1. 助成対象となる事業

  2. 地域における子育てに関わるボランティア活動。
    「地域」「子育て」「ボランティア」の3つのキーワードに合致するもの。
    ここでの「子育て」については単なる「子育て」だけでなく、「子育ち」「親育て」「親育ち」を含む広い意味での活動とします。

  3. 助成対象となる団体

  4. 民間団体で4名以上のメンバーが活動する団体・グループであればNPO等の法人格の有無、および活動年数は問いません。

  5. 活動実施期間

  6. 平成24年4月~平成25年3月

  7. 助成金額

  8. 1件(1団体)当りの上限額 30万円(総額4,000万円)
    30万円以内の申請であっても審査の結果、申請金額の一部を減額させていただく場合があります。
    助成金については、平成24年5月末までに金額を一括でお支払いいたします。
    申請された活動に対しての自己資金の有無は問いません。

  9. 助成対象となる経費

  10. [1] 謝金:外部講師・ボランティアなどに対する謝礼金
    [2] 旅費・交通費:活動に必要な旅費や交通費
    [3] 備消耗品費:活動に直接必要な什器・機器・文具などの消耗品の購入費
    [4] 制作費:活動に直接必要な制作物・ポスター・パンフレットなどの作成費用
    [5] 通信費:活動に必要な郵送、宅配便などの費用
    [6] 会場費:会場使用料、会場設営に関わる費用など
    [7] その他:上記経費項目以外の活動に必要な経費

  11. 助成対象外となる経費

  12. [1] メンバーの人件費、活動の拠点となる事務所の家賃・光熱費・通信費
    [2] 事務所や家などで恒常的に使う備品の購入費(パソコン、コピー機、など)
    [3] 事業の企画・運営を包括的に専門家グループへ委託する費用
    [4] その他、事業に直接関わらない費用

  13. 選考方法・基準および発表方法

  14. 選考委員会において選考を行います。(書類選考)
    [平成24年度選考委員一覧、敬称略、50音順]
    安藤 雄太 (東京ボランティア・市民活動センター アドバイザー)
    岡澤 慎一 (宇都宮大学 准教授)
    高山 静子 (浜松学院大学 准教授)
    竹之内章代 (東海大学 専任講師)
    竹端 寛 (山梨学院大学 准教授)

    選考基準
    [1] 活動の波及性:活動の社会に与える影響が大きく、他の事業のモデルや社会的な波及効果が期待できる。
    [2] 活動の独創性:従来の活動の単なる延長でない、新しい要素・内容などが盛り込まれている。あるいは地域の中での新しい取組み。
    [3] 活動の発展性:一過性の活動でなく、今後も継続・発展させていく具体的な計画がある。
    [4] 事業目標・計画の明確さ:事業の目的が明確であり、目標を実現するための事業計画・資金計画が適性かつ合理的である。
    [5] 地域でのつながりの形成:地域に開かれた活動であり、地域内でのつながりを形成する意図が盛り込まれている。

    発表方法
    結果は平成24年3月下旬までに、すべてのお申し込み団体の連絡責任者宛に文書にてご連絡いたします。
    なお、不採択にかかわる理由等についてはお知らせできません。
    助成開始期間は平成24年4月中旬以降となります。

  15. 申込受付期間

  16. 平成23年9月20日(火)~11月13日(日) (当日消印有効)

  17. 申込方法

  18. 【キリン・子育て公募助成 申込書】に必要事項をご記入の上、捺印した正本1部のみキリン福祉財団宛に郵送ください。
    ※郵送いただいた書類等の返却はできませんので、予めご了承ください。
    公募助成申込書類一式は、財団のホームページ(http://www.kirin.co.jp/foundation/koubo2012/kobo.html)からダウンロードできます。

  19. 個人情報について

  20. ご記入頂いた個人情報は、選考手続きに際し選考委員等へ提供する他、選考結果の連絡及び助成先の公表などに利用します。
    本件助成に関する情報については、個人情報を含みその一般公開について同意願います。なお、個人情報の利用は利用目的の達成に必要な範囲で行います。それ以外の目的で利用することはありません。
    活動終了後にご提出いただく活動報告書に記載されています団体名称・代表者名・活動名称・実施状況・事業成果につきまして、弊財団が発行・公開する「年次報告書」に記載いたしますので、ご了承いただくようお願いします。つきましては、活動報告書への記載内容に個人名等の個人情報がありましたら、該当者へ確認のうえ「活動報告書」の提出をお願いします。
    法令等の定めに基づく場合や、人の生命、身体または財産の保護のために必要とする場合を除いて、第三者へ提供することはありません。

  21. その他

  22. 同一事業について複数の助成先から助成が決定した場合は、ご相談のうえ、幣財団からの助成額を減額又はご辞退していただく場合もあります。
    内容に虚偽の記載があることが判明した場合には、助成決定を取り消させていただくことがあります。
    助成金は申請された活動内容のみの使用に限定します。なお、活動実施期間(当該年度内)に助成金を使用できなかった場合は、残金を速やかに返金していただきます。
    公募申請内容などの事前のご相談については、随時受け付けていますので、以下の事務局へ電話・メール・ファックスでご連絡ください。

  23. 申込書

  24. 申込書に必要事項をご記入のうえ、郵送にてキリン福祉財団事務局までお送りください。
    ※E-mail、ファックスでの申込は不可。

    ◆お問合せ先
    公益財団法人 キリン福祉財団 千葉または 栃内(とちない)宛
    TEL:03-5540-3522 FAX:03-5540-3525
    Eメール:fukushizaidan@kirin.co.jp
    ホームページ:http://www.kirin.co.jp/foundation/
    (申込書送付先)
    〒104-8288 東京都中央区新川2丁目10番1号 キリン本社ビル
    公益財団法人 キリン福祉財団
    平成24年度キリン・子育て公募助成事業事務局宛

[PR]
by misato-syakyo | 2011-10-18 15:30 | 助成情報 | Comments(0)
行列のできる講座のつくり方セミナー
埼玉県外からもご参加いただけるこの企画。
いよいよ、申込締切日が近づいてまいりました。

企画・広報担当者につきまとう不安…さよなら、定員割れ♪
「行列のできる講座のつくり方セミナー」~知りたい!聞きたい!講座、イベントの勘どころ~


講座のつくり方と銘打ってはいますが、講座だけでなく人を呼びたいイベントなどにも応用がきくと思われるこのセミナー。参加費は無料ですので、お時間の許す方は是非どうぞ。
社協職員だけでなく、文化施設や児童館などでの企画にも役立つかも…

講座チラシのPDFファイルダウンロード

◆日 時◆
平成23年10月27日(木)午後1時30分~午後4時30分(受付開始)午後1時10分~
◆場 所◆
越谷市中央市民会館5階4号会議室(〒343-0813埼玉県越谷市越ヶ谷4-1-1/東武伊勢崎線越谷駅下車東口徒歩7分)
◆講 師◆
牟田 静香(むた しずか)氏/NPO法人男女共同参画おおた理事長
◆講 演◆
「行列のできる講座のつくり方」
あらゆる世代に来てほしいと望んでも、かえって誰もきてくれません。
どんな視点で企画を練れば、「参加したくなる」「申し込みたくなる」講座になるのか。
行列講座のエッセンスたっぷり!楽しいグループワークを交えながら、講師が経験と分析から培ったノウハウを、惜しげもなく全部すべてまるっと受講者にプレゼント♪
◆対 象◆
市民活動団体等で活動中のメンバー、社協職員
◆募 集◆
50人(申込多数の場合、抽選)
◆申込方法◆
FAX、またはE-mail※必要事項は下記のとおり
1.氏名(フリガナ)、2.性別、3.年齢、4.所属、5.住所、6.電話、7.FAX、8.E-mail、9.申し込みの動機、10.受講後、どのように生かしますか?
◆締め切り◆
平成23年10月17日(月)必着(結果発送10月19日(水)
◆費 用◆
無料
◆講師プロフィール◆
福岡県出身。NPO法人男女共同参画おおた理事長。企画に携わった当初は定員割れの講座しかでいなかったが、工夫と努力を重ねた結果、今では企画したほとんどが定員オーバーとなり、平均応募倍率は3.3倍に。
現在、そのノウハウを教えて欲しいと、全国の自治体やNPO、市民団体から依頼が殺到、現在は日本全国100ヵ所以上の講演をこなし、この業界では「カリスマプランナー」と呼ばれている。
著書に「人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方」(講談社+α新書)、また「思わず手にとるチラシのWordテクニック基礎編・達人編」(㈱アスパクリエイト制作)は、講座や企画担当者の必読、必見の教材となっている。
◆主 催◆
埼玉県市町村社協連絡会埼葛第1ブロック
越谷市社会福祉協議会 吉川市社会福祉協議会
草加市社会福祉協議会 松伏町社会福祉協議会
八潮市社会福祉協議会 三郷市社会福祉協議会
※本セミナーは、埼葛第1ブロック平成23年度第1回事業として実施しますが、県内外社協職員、市民活動団体等のかたも大歓迎です♪
◆申し込み・問い合わせ◆
三郷市社会福祉協議会 事業係 宮里
TEL 048-953-4191
FAX 048-953-4192
E-mail info@misato-syakyo.or.jp

[PR]
by misato-syakyo | 2011-10-13 14:24 | イベントなど | Comments(0)
「地域支え合いの仕組み~実施・継続のポイント~」
埼玉県福祉部福祉政策課の情報です

地域福祉実践講座 「地域支え合いの仕組み~実施・継続のポイント~」

埼玉県が推進する「地域支え合いの仕組み」を題材に、地域に密着した福祉系の活動を、長期間にわたって継続して実施していくためのポイントを学ぶ講座です。
「地域支え合いの仕組み」は、社会福祉協議会、商工団体、NPO、自治会など多様な団体が取り組んでいます。それぞれの特性を踏まえつつ、運営体制、収支計画、収益事業の組み合わせなど、実際の活動に役立つ内容を講義いただきます。
有償ボランティアだからこそ、長く続けるためには工夫が必要です。地域活動に生かせる事業の実施方法と継続のポイントを一緒に学んでみませんか?

◆日 時
11月17日(木)14:00~16:00
◆会 場
埼玉教育会館201・202(JR浦和駅西口 徒歩10分)
◆講 師
永沢 映 氏(NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター 代表理事)
◆定 員
180名(先着順)
◆問い合わせ
埼玉県 福祉部 福祉政策課 地域支え合い推進担当
TEL:048(830)3223
FAX:048(830)4801
Email:a3380-07@pref.saitama.lg.jp
H P:http://www.pref.saitama.lg.jp/site/sasaeai/

d0081884_1133275.gif

申込みチラシ(pdfファイル)はここをクリックしてダウンロードしてください。
[PR]
by misato-syakyo | 2011-10-12 13:05 | ご案内 | Comments(0)
街頭募金の様子をスライドショーで(23.10.01)
今月はじめに行われた赤い羽根共同募金街頭募金の様子をスライドショーで公開しました。
埼玉県共同募金会三郷市支会のホームページで見ることができます。
よろしければ是非、ご覧ください。

埼玉県共同募金会三郷市支会スライドショーのページ
d0081884_152277.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2011-10-11 15:05 | 共同募金 | Comments(0)
ぼくの「地球」を走る旅 ~「被災者と共に過ごした日々」を語る~
三郷市のお隣の吉川市のボランティアセンターで、ボランティア学習会が開催されますのでお知らせします。
東日本大震災や四川大地震の復興支援活動の体験談から、ボランティア活動や「誰かを思いやること」について考えます。

平成23年度ボランティア学習会
ぼくの「地球」を走る旅 ~「被災者と共に過ごした日々」を語る~


■内 容
ボランティア活動で大切なことは?
復興支援活動の体験談から、ボランティア活動や「誰かを思いやること」について考える!
3月11日。日本だけでなく、世界中が未曾有の大震災に言葉を失いました。それと同時に「自分にできることはなにか?」と多くの人が考え、行動したことと思います。
この講座は、実際に被災者と一緒に汗を流し、笑い、そして泣いた日々を体験した講師の話を聞くことによって、ボランティア活動の意味や価値を見つめ直し、「前向きな姿勢」「思いやり」を改めて感じ、活気あるまちづくりへの機会になったらいいな、と企画しました。
ぜひご参加ください。

■日 時
平成23年10月23日(日) 14:00~16:00

■会 場
吉川市中央公民館 301・302(吉川市大字保577番地)

■講 師
自転車旅人 西川 昌徳 氏
1983年生まれ、兵庫県姫路市出身
大学卒業後、2006年自転車日本一周、2007年から海外自転車旅をスタート。2年半の自転車旅で8か国1万7千キロを走り現在日本に帰国中。
2008年に中国四川省で発生した四川大地震では4か月災害ボランティアを経験。その後の旅ではネパール山間部での教育支援、インドのマザーハウスでのボランティア活動にも従事。災害ボランティアセンタースタッフとして2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興支援活動を福島県新地町で5か月間行った。
ブログ http://ameblo.jp/masanori0615

■定 員
申込先着70人

■申込方法
お電話でお申込みください。

■申込期間
9月20日(火)~10月14日(金) ※平日の8:30から17:00まで

■費 用
無 料

■対 象
ボランティア・市民活動に関わる方、ボランティアに関心のある方、震災を受けて被災地の現状を知りたい方なら、どなたでもご参加になれます。(市内・市外問わず)
    
■主 催
社会福祉法人吉川市社会福祉協議会

■問い合せ
吉川市ボランティアセンター(吉川市社会福祉協議会内)
℡ 048-981-7559
吉川市社会福祉協議会ホームページ(http://yoshikawashakyo.or.jp/
吉川市社会福祉協議会ブログ(http://yoshisya.exblog.jp/

[PR]
by misato-syakyo | 2011-10-08 11:30 | ご案内 | Comments(0)