Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
一人暮らし高齢者とボランティアの交流会を実施しました!~ふれあい電話事業「新緑のつどい」
5月18日(水)みさと公園でふれあい電話事業「新緑のつどい」を実施しました。

「ふれあい電話」とは、ボランティアグループ「三郷あしたばの会」の協力を得て、毎週火曜日の午前中、ボランティアが一人暮らし高齢者に「お元気ですか?」と電話訪問し、安否確認やボランティアとの交流を目的とした事業です。

「ふれあい電話」では、電話訪問だけでなく利用者とボランティアとの交流会を年3回実施しています。
春は、みさと公園で緑を感じながらの「新緑のつどい」、秋には「もみじ狩り」、そして新年会を行っています。

今回の「新緑のつどい」には、利用者7人・ボランティア13人が参加しました。

当日は、交流会をするのにぴったりな良い天気で、爽やかな初夏の風が気持ちの良い陽気でした。
参加者全員で、昼食を一緒に食べながらの歓談で交流会は、スタート!
お弁当は、近くのお店で購入したもので、お魚があったりと、とてもヘルシー。また、ボランティアのみなさんが手作りで持ってきたふきの煮物や杏等もあり、美味しくいただきました。

その後、「鯉のぼり」「五月の歌」など、この季節にあった曲をみんなで歌い、すっかり打ち解けた様子。その後みさと公園内を散策しました。
d0081884_1129163.jpg

利用者の皆さんからは、
「『新緑のつどい』を楽しみにしていました」
「外は気持ちいいですね」
「楽しかった」などの感想がありました。
d0081884_11292993.jpg


参加した皆さんの笑顔が素敵だったなあと感じることができた楽しいつどいでした。
[PR]
by misato-syakyo | 2011-05-31 11:32 | 社協の事業 | Comments(0)
ボランティアみさと6月号発行しました
三郷市ボランティアセンターが発行する情報紙「ボランティアみさと」6月号が発行されました。

d0081884_10242594.jpg

このボランティア情報紙は、三郷市内の公共施設やお店などに置いてあります。ぜひ、手にとってご覧ください。
設置場所はこちらをご覧ください。(ちょっと下にスクロールしてください)

また、三郷市社協(ボランティアセンター)のウェブサイトでPDF版を見ることができますので、ご利用ください。

6月号には、瑞沼市民センター避難所ボランティアセンターのレポート記事が掲載されています。
[PR]
by misato-syakyo | 2011-05-27 10:25 | 広報紙 | Comments(0)
第1回理事会・評議員会開催しました。
22年度(昨年度のことです)の事業報告・決算を承認してもらう第1回理事会・評議員会を開催しました。
d0081884_16374038.jpg

午前中に理事会(法人・施設の経営方針を立て、事業計画や予算等の法人の重要な方針決定する会です)を開き
d0081884_16382798.jpg

午後に評議員会(理事会でたてられた方針等を議決する会です)を開きました。

今日は、外気は涼しいものの、会議室内はかなりな高温。窓を開けてはみたものの、なかなか風も入らず、辛い環境の中、理事や評議員のみなさんには長時間審議していただきました。

これでようやく前年度の事業が正式に終了したことになります。
[PR]
by misato-syakyo | 2011-05-26 16:54 | 社協の事業 | Comments(0)
心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援
ファイザープログラム
~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援~


○ファイザー株式会社○

プログラムのねらい
このプログラムは、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民活動による、「健やかなコミュニティー」づくりへの試みを支援することを目的としています。「ヘルスケア」とは、保健・医療・福祉・生活を一体とし
て捉え、一人ひとりの多様な生き方を支え、心豊かな社会を実現する取り組みを意味しています。また、「コミュニティー」とは、特定の地域社会だけでなく、共通の思いや立場による人々の集まりも含んでいます。このた
びの東日本大震災による被災地の生活の復興のためにも、心とからだのヘルスケアの快復・改善への長期的・継続的な取り組みが必要となることでしょう。
ヘルスケアの分野における市民活動や市民研究がより一層深められ、その成果が社会に共有されるよう、今年も全国から、心もからだも健やかな社会の実現をめざした展望あるプロジェクトのご応募をお待ちしています。

◎応募期間
2011年6 月13 日(月)~ 6月30 日(木) 【必着】

◎助成対象プロジェクトについて
助成の対象となるプロジェクトは、下記の3 つの重点課題について、市民団体が行う市民活動および市民研究とします。
  1. 中堅世代の人々(主に30・40・50 歳代)の心身のケアに関する課題。
    社会で重要な役割を担っている人々が、自他ともに生き生きと充実した社会生活を可能とするような取り組みで、仕事や家庭などが原因で心身の疾患や依存症を抱える人たちのケア、難病・長期疾病にある人たちのケア、事故や病気などで中途障害を抱える人たちのケア、またはその家族をケアする試みを含みます。

  2. 心身のケアを得ることが困難な人々の健康の保障に関する課題。
    社会制度が不十分なため、あるいは社会制度を十分に利用できないため、その他、生活上の困窮のため、国籍上の問題のため、差別や偏見の状態にあるためなど、さまざまな状況のために健康な生活が営めない人々が、社会との関係をもちながら健康に暮らせることを可能にするような取り組み。

  3. 上記各課題の解決に関連した、ヘルスケアを重視した社会の実現に関する課題。
    上記1、2の課題に直接的に対応するだけでなく、それらに関連した新たなヘルスケアの問題を発見し、その根本的な原因を明らかにするための取り組み。または、そのような問題の発生そのものを防止するような制度・施策の実現に向けた取り組みや、これまでの活動成果を普及するための取り組み。

* 上記の3つの重点課題以外でも、特に市民団体が行うことが重要と思われるヘルスケアに関する課題については、選考委員会で高い評価を受ければ助成の対象になります。

◎助成対象団体の要件
下記の要件を満たした団体に限ります(個人は対象となりません)。
① 民間の非営利団体であること(法人格の種類や有無を問わない)。
② 市民が主体的に参加して活動する団体であること。
③ 日本国内に活動拠点があること。
④ 原則として2年以上の活動や研究の実績があること。
⑤ 団体の目的や活動内容が、政治・宗教などに偏っていないこと。

◎助成金
1件あたり上限300万円。今年度の総額は3,000万円、15件程度の助成を行う予定です。

◎応募について
  1. 応募期間
    2011年6月13日(月)~ 6月30日(木)【 必着】

  2. 応募要項・応募用紙の入手方法
    応募要項・応募用紙は、ファイザー株式会社ウェブサイトからダウンロードしてご利用下さい。【5月19日(木)より】
    http://www.pfizer.co.jp/
    応募要項・応募用紙を上記のウェブサイトから入手できない場合は、メールまたは郵便でお送りします。
    ①郵便番号、②住所、③団体名、④氏名、⑤電話番号を明記し、「ファイザープログラム応募用紙送付希望」とお書き添えの上、メール(pfizerpg.office@pfizer.com)またはFAX (03-5309-9004)にて、「ファイザープログラム事務局」宛にご連絡下さい。なお、書類のお届けには時間がかかりますので、お申し込みはお早めにお願いします。

  3. 応募方法
    所定の応募用紙に必要事項を記入して応募企画書を作成し、6月30日(木)【必着】までに、下記事務局宛に、配達記録が残る郵便または宅配便にてお送り下さい。応募企画書の作成に際しては、上記のウェブサイトにて、「応募企画書作成の手引き」をご参照下さい。

* ファクシミリ、電子メール、メール便(配達記録のないもの)、ご来社によるご応募は、お受けしておりません。
* 応募企画書以外の書類は、選考の対象となりませんので、お送りいただく必要はありません。
* お送りいただく書類一式は、お返し致しませんので、予めご了承下さい。

◎応募書類送付先・問い合わせ先
〒151-8589 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル ファイザー株式会社
ファイザープログラム事務局 担当:鈴木
TEL 03-5309-7663  FAX 03-5309-9004  
月曜日~金曜日(祝祭日をのぞく)11:00~17:00

[PR]
by misato-syakyo | 2011-05-25 14:10 | 助成情報 | Comments(0)
義援金の送金状況(5/16現在)
みなさまから、共同募金会に寄せられている東日本大震災の義援金。どこにどのくらい届いているのか気になりますよね。

中央共同募金会のホームページに送金状況が掲載されていました。

5月16日(月)現在:707億6,900万円が、各道県の義援金配分委員会に送金済みとのことです。
詳しくは、中央共同募金会のホームページでご覧ください。
この状況を見ると、今回の震災の被害が多くの地域にまたがっていることがわかります。

義援金は、まだまだ受け付けていますので、よろしくお願いします。
[PR]
by misato-syakyo | 2011-05-19 17:16 | 共同募金 | Comments(0)
監事会(決算監査)をおこないました
22年度の事業報告・決算にあたり、監事会を開催しました。
適性に事業執行されているか、会計処理がなされているかをチェックしていただく重要な場です。
d0081884_1317516.jpg

問題なく適性に執行されているとの報告をいただきました。
これから、監査後の正式な事業報告・決算書を作成します。
[PR]
by misato-syakyo | 2011-05-16 13:19 | 社協の事業 | Comments(0)
三菱商事 東日本大震災復興支援助成金
三菱商事株式会社は、被災地の復旧・復興活動を行うNPO及びNGO並びに社会福祉法人等の団体に対して、公募を通じ200団体を対象として一団体250万円の助成金を給付いたします。

◎助成金名
三菱商事 東日本大震災復興支援助成金
◎募集団体数
200団体、一団体につき250万円(年額)[2011年度募集分]
(今後4年間で延べ800団体に助成を予定 総額20億円)
◎助成対象
(1)東日本大震災の復旧・復興に従事する、社会福祉法人、公益社団法人または公益財団法人
(2)東日本大震災の復旧・復興に従事する、現在活動中のNGO、NPO
(3)上の(1)(2)に準じると当社が認める非営利団体
◎選考基準
東日本大震災における被災地の復旧・復興、被災者の生活向上の観点から現在活動されている団体の中で、これまでの活動実績や今後の活動計画を総合的に判断して対象先を決定致します。
◎応募方法
「助成金申込書」に必要事項をご記入頂き、下記住所まで本年5月31日(火)までにご郵送下さい。
「助成金申込書」は、三菱商事のHPからダウンロードできます。
【郵送先】
〒100-8086 東京都千代田区丸の内二丁目3番1号
三菱商事株式会社 環境・CSR推進部(助成金受付係)
◎申込期間
5月6日(金)から5月31日(火)まで
◎お問合せ先
三菱商事 助成金お問合せ専用フリーダイヤル:0120-266285
(受付期間 : 5月6日から5月31日まで 土日祝日を除く 09:00~18:00)

【参考リンク】
三菱商事 NPO等あて助成金募集のお知らせ(2)
[PR]
by misato-syakyo | 2011-05-11 16:52 | 助成情報 | Comments(0)
GW中の避難所の様子(瑞沼市民センター)
ゴールデンウィーク中の三郷市瑞沼市民センター避難所の様子をざっとご紹介。

子どもの日があることから、お子さんたちが楽しめるイベントなどがありました。

ゴルフの石川遼選手が来てくれたり
d0081884_16464514.jpg
d0081884_16465347.jpg


普段は飲食できないプレイルームでのお菓子パーティ!
d0081884_16494114.jpg


代々木公園のイベント(ACTION for Nippon)にご招待されたり(シダックス株式会社)
d0081884_16512810.jpg

d0081884_16511514.jpg


バルーンをもらったり
d0081884_16523564.jpg

d0081884_1652518.jpg


いろいろありましたが、みんな、楽しめたかな?
[PR]
by misato-syakyo | 2011-05-10 16:55 | 避難所情報 | Comments(0)
スライドショーできました(中澤選手訪問)
先日の記事でも、ご紹介したプロサッカー選手中澤佑二さんと広野っ子の交流の様子を三郷市社会福祉協議会ホームページ内のPhotoコーナーにスライドショーで公開中。
d0081884_13252197.jpg


スライドショーには、他にも過去に社協がおこなった事業の様子がありますので、併せてご覧ください。

三郷市社会福祉協議会ホームページPhotoコーナー
[PR]
by misato-syakyo | 2011-05-09 13:28 | 避難所情報 | Comments(0)
ボランティアみさと5月号発行しました
三郷市ボランティアセンターが発行する情報紙「ボランティアみさと」5月号が発行されました。

d0081884_17113368.jpg

このボランティア情報紙は、三郷市内の公共施設やお店などに置いてあります。ぜひ、手にとってご覧ください。
設置場所はこちらをご覧ください。(ちょっと下にスクロールしてください)

また、三郷市社協(ボランティアセンター)のウェブサイトでPDF版を見ることができますので、ご利用ください。

5月号には、ボランティアセンターからのお知らせとして、災害ボランティアについての記事もあります。
[PR]
by misato-syakyo | 2011-05-06 17:12 | 広報紙 | Comments(0)