Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
<   2010年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧
年末年始のお知らせ
早いものでもうすぐ平成22年も終わりですね。皆様、一年間ありがとうございました。
三郷市社会福祉協議会は、12月29日(水)~1月3日(月)の間、年末年始のお休みに入ります。業務再開は、1月4日(火)となりますので、よろしくお願いします。
それでは、みなさん良いお年を。

☆岩野木・彦沢・戸ヶ崎老人福祉センター休館日
12月29日(水)~1月3日(月)【年末年始】
23年1月9日(日)、10日(月)成人の日、17日(月)、23日(日)、30日(日)
☆戸ヶ崎老人デイサービスセンター休館日
12月29日(水)~1月3日(月)【年末年始】
日曜日・23年1月10日(月)成人の日
☆老人憩いの家やすらぎ荘休館日
12月29日(水)~1月3日(月)【年末年始】
毎週月曜日

※平成23年は各施設とも、1月4日から営業いたします。

[PR]
by misato-syakyo | 2010-12-28 09:24 | ご案内 | Comments(0)
ボランティアみさと1月号発行されました
三郷市ボランティアセンターが発行する情報紙「ボランティアみさと」1月号が発行されました。

d0081884_14304341.jpg

このボランティア情報紙は、三郷市内の公共施設やお店などに置いてあります。ぜひ、手にとってご覧ください。
設置場所はこちらをご覧ください。

また、三郷市社協(ボランティアセンター)のウェブサイトでPDF版を見ることができますので、ご利用ください。

1月号には、親子でボランティアの報告記事やボランティアレポートなどの記事が掲載されています。
[PR]
by misato-syakyo | 2010-12-27 14:32 | 広報紙 | Comments(0)
理事会、評議員会を開催しました
本日の午前中に理事会、午後に評議員会を開催しました。
指定管理者指定の報告や、各種規程の改正などが議案でした。
理事や評議員のみなさんは、市民の代表として社協運営に参画していただいています。その声が直接伺える機会ですので、理事会・評議員会は、大切な事業です。

d0081884_8582979.jpg

△こちらは理事会です。

d0081884_859014.jpg

△こちらは評議員会です。

※2010.12.27写真を追加しました。
[PR]
by misato-syakyo | 2010-12-24 17:15 | 社協の事業 | Comments(0)
チャリティーランナー
次回で5回目を迎えた東京マラソン。
走りたくても抽選で落ちてしまい参加できない人も続出の人気マラソンです。
そんな東京マラソンでは、今回チャリティランナー枠と新設し、参加者を募集しています。
10万円以上の寄付が条件ですので、ちょっと(だいぶ)頑張りが必要ですが、いかがでしょうか?ちなみに参加料として、1万円が別途必要とのこと。
※12/22 AM10:00現在で、定員1,000人に対し759人の申し込みがあったそうです。先着順ですので、申し込みはお早めに。

◆ 東京マラソンにチャリティランナー枠新設、寄付受付開始

来年2月27日に開催される東京マラソン。5回目を迎え、今回は“つなぐ”をテーマにチャリティを実施します。10万円以上の寄付者の中で希望者は、チャリティランナーとして参加もできるというもの(先着1000名まで)。
寄付金は難病の子どもと家族への支援をはじめ4つの分野の活動に贈られます。

東京マラソンチャリティ”つなぐ”
http://www.tokyo42195.org/2011/tsunagu.html

[PR]
by misato-syakyo | 2010-12-22 10:58 | イベントなど | Comments(0)
入れ歯のリサイクル
社協だよりや三郷市社協ホームページでお知らせしている入れ歯のリサイクルについて、賛同していただける方々が徐々に増えてきています。
入れ歯を送っていただいたみなさま、ありがとうございます。

この取り組みは、入れ歯に使用されている金属をリサイクルして再資源化し、
その収益をユニセフに寄付するとともに、三郷市での地域福祉活動の推進のために役立てさせていただくものです。(NPO法人日本入れ歯リサイクル協会の事業です)
d0081884_13213951.jpg

■回収BOXの設置場所
①三郷市ボランティアセンター前
 (埼玉県三郷市花和田638-1 三郷市健康福祉会館5階)
②岩野木老人福祉センター
 (埼玉県三郷市岩野木123-2 電話:048-953-3500)
③彦沢老人福祉センター
 (埼玉県三郷市彦沢1-201 電話:048-953-5588)
④戸ヶ崎老人福祉センター
 (埼玉県三郷市戸ヶ崎3-530-2 電話:048-956-8000)
⑤老人憩いの家「やすらぎ荘」
 (埼玉県三郷市彦成4-24-1 電話:048-959-6511)
※ ただし金属の付いていない入れ歯・詰めモノは回収できません。
■寄付の方法
① 入れ歯に熱湯をかけて消毒。
② 新聞紙など厚手の紙で包み、ビニール袋に入れる。
③ 回収BOXに投入、または封筒に入れて三郷市社協へ郵送してください。
(送り先 :〒341-0041 埼玉県三郷市花和田638-1 三郷市健康福祉会館5階
 三郷市社会福祉協議会 入れ歯リサイクル係)


【参考リンク】
三郷市社協入れ歯リサイクルのページ
http://www.misato-syakyo.or.jp/syakyo/ireba.html

[PR]
by misato-syakyo | 2010-12-21 13:22 | ご案内 | Comments(0)
スタバで古本回収 Book for Twoプログラム
寒いときには、暖かい一杯のカフェラテで癒されることもありますよね。
今回は、カフェラテでも飲みながら、社会貢献してみませんか?というお話です。

スターバックス コーヒー ジャパン(株)では、一部店舗にて、12月1日~25日の間、「Book for Two」のプログラムを展開しています。
この取り組みは、店頭でお客様から古本を回収し、お持ちただいたユーズド本を、専門家に査定・買取していただき、その全額を目の不自由な方のためのオーディオブックの制作に役立てていただくものです。
寄付先は、社会福祉法人 日本点字図書館です。
昨年は全国で25,000冊を超える本が集まり、約115万円が寄付されたとのことです。

実施店舗などの詳細は
スターバックスコーヒージャパンのホームページ

[PR]
by misato-syakyo | 2010-12-20 09:10 | その他 | Comments(0)
大切な助け合いの心、コミュニケーションの大切さ
○親子でボランティア~ブラインドサッカーで学ぶ“支えあい”の気持ち○

三郷市ボランティアセンターでは、平成22年12月4日(土)10時~正午、三郷市立新和小学校体育館にて「親子でボランティア~ブラインドサッカーで学ぶ“支えあい”の気持ち~」を実施しました。
ブラインドサッカーは、視覚に障がいのあるかたのために考案されたスポーツです。
今日集まってくれたのは、子どもたち4人と保護者が5人。どんな講座になるのでしょうか・・・・・・

まずはみんなで自己紹介。参加の理由を聞くと、ずばり「サッカーが大好きだから!」だそう。
次に、ブラインドサッカーB2/3「埼京RED ROCKETS」チームメンバーの紹介です。監督ほか、日本代表の選手として活躍しているかた、ブラインドサッカーを長きに渡って支えてる選手のかた、世界大会に向けて調整などもしているというサポーターのかたなど計7名のメンバーをお迎えしました。

ブラインドサッカーは、視覚障がいの程度に応じて階級があり、B1は全盲、B2は矯正視力で0.03以下、B3は0.1以下と3つの階級に分かれています。
弱視のかたの見え方もさまざまで、VTRを使い、それらを説明してくれました。
※見え方は、全体がぼやっとしか見えない場合や、視野が狭くて穴を覗き込むような見え方、上下半分や一部が欠けた状態で見える・・・など人によって、全く違うとのことです。
見え方がさまざまなため、ボールの出し方など、チームでよく話し合って練習が行われます。コミュニケーションがとても重要なんですね。VTRでは、世界大会の様子や普段の練習風景なども紹介し、参加者は興味津々です。

いよいよ、B1(全盲クラス)の体験です。
選手と向かい合って、パスを回します。アイマスクを付けるから、声を出さないと分からないよ。




次はシュートの練習です。ゴールの位置を教えるため、コーラーという人がネット裏に立ち、合図を送ります。PKの場面では、コーラーが、左右のゴール脇を叩き、最後に真ん中で拍手。シュートをする人は耳を澄まし、おおよその位置を確認後にシュート!アイマスクを付けていると、そう簡単にシュートを決められません。



続いて、B2/3(弱視クラス)の練習です。
最後はメンバーの皆さんと交流しながら、試合練習を体験です。ここでも声かけはとっても大切。
選手・子どもたち・お父さんが一丸となって、ニックネームで呼び合いながらパスを出します。試合になると、みんな夢中です。選手のみなさんも油断をしていられませんね。



助けあいの心、伝わったかな?

参加してくれた子どもたちからは、
「サッカーができて楽しかった」
「最初は簡単だと思っていたけど、思ったよりむずかしかった」
と感想がありました。
また、保護者のかたからは、
「弱視サッカーを知りませんでした。レベルの高さに驚きました」
「コミュニケーションがとても大切だということを教えてもらいました。これから、子どもたちがサッカーをするときにも生かしてもらいたいです」との声がありました。

選手の皆さんからは、
「三郷市の親子と交流を図れて有意義であった」
「ブラインドサッカーのことを知ってもらえてよかった。今後も広めていきたい」
「子どもたちの飲み込みの早さに驚いた」などの声が挙がりました。
今回、積極的に活動をする選手の皆さんと交流することで、障がい者への理解を深め、ボランティア活動にとって大切な助け合いの心や、コミュニケーションの大切さを親子で知ってもらう機会にできたと思っています。
私たちの身の回りでは、たくさんの人が暮らし、それぞれの立場の人が、地域で支えあうパートナーとして生活しています。
今後、ブラインドサッカーのことはもちろんですが、社会のさまざまな出来事に関心を持ち、ボランティア精神の芽を育んでいって欲しいと思っています。
[PR]
by misato-syakyo | 2010-12-18 10:00 | ボランティア | Comments(0)
年賀状をお届けします♪~ひとりぐらしの高齢者のみなさんへ~
三郷市社会福祉協議会では、ボランティアグループ「三郷あしたばの会」の協力を得て、
ひとり暮らし高齢者のみなさんに年賀状を送る事業「ひとりぐらし高齢者友愛通信事業」を実施しています。
今年の対象者は、1,657人です。
ボランティアさんは、「健康でありますように…」とハガキ一枚一枚に心を込めてメッセージを書いてくれます。
そんな思いが平成23年1月1日に三郷に住んでいるひとり暮らしの高齢者のみなさんに届きます。お互い顔は見えなくてもハガキを通して心が通じる-それが「ひとりぐらし高齢者友愛通信事業」です。
d0081884_11364626.jpg


※この事業には、赤い羽根共同募金の配分金が使用されています。


ひとりぐらし高齢者友愛通信事業は、下記のかたがご利用になれます。
◆対象者
三郷市に住んでいる65歳以上のひとりぐらしのかた
◆申し込み方法 
三郷市社会福祉協議会までご連絡ください。 電話048-953-4191

[PR]
by misato-syakyo | 2010-12-17 11:40 | 社協の事業 | Comments(0)
ご寄付ありがとうございます。
昨日(12月15日)、さいかつ農業協同組合さまが、三郷市社会福祉協議会に来所されました。
JAさいかつ合併10周年記念バザーの収益金を、ご寄付いただきました。
ありがとうございます。
いただいた寄付金は、三郷市内の地域福祉事業に使わせて頂きます。
d0081884_975720.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2010-12-16 09:00 | 寄付 | Comments(0)
福祉ヤクルト
本日(12月15日)、埼玉東部ヤクルト販売株式会社さまが、三郷市社会福祉協議会に来所されました。
福祉ヤクルトという取り組みの収益金をご寄付いただきました。
ありがとうございます。
いただいた寄付金は、三郷市内の地域福祉事業に使わせて頂きます。
d0081884_16515842.jpg

※埼玉東部ヤクルト販売株式会社さまからは、福祉ヤクルトとして、毎年寄付金をいただいています。
[PR]
by misato-syakyo | 2010-12-15 16:45 | 寄付 | Comments(0)