Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ボランティアみさと11月号
10月25日にボランティアみさと2008年11月号が発行されています。
今月号には、ボランティア募集や講座案内(障害児支援ボランティア講座)などの記事が掲載されています。
ボランティアセンターレポートとして、スターバックスコーヒーの地域貢献についての記事もあります。

d0081884_1143513.jpg


このボランティア情報誌は、三郷市内の公共施設やお店などに置いてあります。
設置場所はこちらをご覧ください。

また、三郷市社協(ボランティアセンター)のウェブサイトでPDF版を見ることができますので、ご利用ください。
[PR]
by misato-syakyo | 2008-10-27 11:44 | 広報紙 | Comments(0)
障害児支援ボランティア講座参加者募集!!
三郷市社会福祉協議会では、吉川・八潮・草加市社会福祉協議会と埼玉県立三郷養護学校共催で、「言葉がわからない、気持ちが伝わらないってどういうこと?」をテーマに、知的ハンディのある子どもたちについて学ぶ講座を開催します。

「言葉がわからない、気持ちが伝わらないってどういうこと?」ってどういうことでしょう?
例えば、海外旅行などで食事のオーダーがうまくいかなかったり、細かいニュアンスが伝わらなくて困った経験がありませんか?

知的障害のある人たちも、ふだんの暮らしの中で周りの人とコミュニケーションをはかって生活していますが、
障害がもととなって、うまく気持ちが伝えられない場合があります。みなさんは、知的障害のあるお子さんと街で出会ったとき、何かしたいと思ってもどのように対応していいかわからないと感じたことはありませんか?

今回は、講座の中で、市川手をつなぐ親の会の方をお招きし、知的障害の3つの疑似体験を通じて、彼らの気持ちと接し方を学びます(「言葉がわからない、伝わらないってどういうこと?」「どういうふうに見ているの?」「どうしてうまくできないの?」)実際に、体験することで、彼らの行動には意味があることがわかります。
このほか、ボランティア体験など内容盛りだくさんです!参加お待ちしています。

講座の詳細は、チラシのPDFファイルで確認してみてください。
[PR]
by misato-syakyo | 2008-10-17 17:07 | 社協の事業 | Comments(0)
NPO助成(青少年育成)
JT青少年育成に関するNPO助成事業

地域コミュニティーの再生と活性化を推進し、より良い社会を築いていくためには、人材育成、とりわけ次世代の社会を担う「青少年の育成」が重要と考えています。
また、JTでは、CSRの観点から、市民参加型の清掃活動「ひろえば街が好きになる運動」や「植林/森林保全活動」を通じて、環境美化や環境保全を推進しています。
NPO助成にあたっては、青少年を対象とし、その健全な育成のため、地域と一体となって取り組む事業を支援します。なお、活動分野は問いませんが、環境美化や環境保全に関する活動を推奨します

■応募資格
1. 非営利法人であること。
2. 2008年9月30日時点で、法人として1年以上の活動実績を有すること。
3. 法人の設立目的や活動内容が、政治、宗教、思想などに偏っていないこと。
■助成額
年額最高 150万円/件 40件程度
■対象事業
非営利法人が日本国内において、地域社会の核となって実施する青少年の健全な育成につながる事業。
(例)
・ 学校林の保全事業
・ 青少年の自然体験活動
・ 青少年の異世代交流事業
・ 青少年が参加するまちづくり事業
・ 障がい児支援事業
・ 不登校・ひきこもり児童支援事業
・ 里山の環境保全活動
・ 青少年と地域の方々が一緒に取り組む環境美化活動
・ 青少年と地域の方々が一緒に取り組む植林活動など
※ 育成の対象となる青少年は、小学生から高校生までを考えています。
※ 原則として、事業に直接的に参加する青少年が全参加者数の半数以上であることとします。
■ 応募手続
当社所定の書式に必要事項を記入の上、添付書類とともに事務局まで郵送または宅配便で送付して下さい。事務局への持参またはFAXでの送付は受付致しません。
応募書類は、JTのホームページからダウンロードできるほか、郵送でも請求できます。
電話、FAXによる送付依頼はお断り致しますので、あらかじめご了承ください。
《添付書類》
1.定款
2.役員名簿
3.前年度の事業報告書及び決算報告書
4.当年度の事業計画書及び予算書
5.法人の活動を紹介する資料(パンフレット、会報、新聞・雑誌の記事等)
※応募についての詳細はかならずJTのホームページで確認してください。
■応募期間
2008年10月1日~2008年11月20日(当日消印有効)
■申し込み・問い合わせ(事務局)
日本たばこ産業株式会社 CSR推進部 社会貢献室
〒105-8422 東京都港区虎ノ門2-2-1 JTビル
TEL:03-5572-4290  FAX:03-5572-1443
URL:http://www.jti.co.jp/JTI/contribution/npo/index.html
[PR]
by misato-syakyo | 2008-10-09 09:25 | 助成情報 | Comments(0)
【子育て支援の助成特集】
助成金情報を2つご紹介します。

1.平成21年度(第15回)公募助成 「地域における子育てに関わるボランティア活動」
○財団法人キリン福祉財団○
■助成対象となる事業
・「地域における子育てに関わるボランティア活動」に対し助成いたします。
“地域”“子育て”“ボランティア” をキーワードとし、地域における、子どもに関わる幅広い活動に対して助成いたします。
子育てについては、地域社会でのボランティアによる支えあいのしくみを作り、互いに支援し合うことが強く求められています。そこで、「子育て」については、「子育て」だけでなく、「子育ち」「親育て」「親育ち」を含む広い意味での活動といたします。
*活動の対象について
対象となる活動については、上記のキーワードに合致していれば、特に分野は問いません。
例としては、母親、父親、祖父母、乳幼児、小中高生などに対する活動が対象となります。
■助成対象となる団体
・地域での子どもに関わる福祉活動を目的とする民間団体で、4名以上のメンバーが中心となって活動する団体・グループで、法人格の有無は問いません。
・現在活動中であれば、団体・グループとしての、活動の年数は問いません。
■助成金額
・総額:3,500万円 1件(一団体)当りの上限額:30万円
■申込受付期間
・受付期間:平成20年9月8日(月)~11月10日(月)※当日消印有効
■申込方法
・「公募助成申込書」(4枚)に必要事項をご記入のうえ、お申込みください。申込書記入要領に従って必要事項をご記入のうえ、郵送にてキリン福祉財団事務局までお送りください。
※E-mail、ファックスでの申込は不可
申込書はご捺印いただき、「正」・「副(コピーでも可)」合計2部必要です。
・貴団体の活動・事業の内容がわかる資料を1部お送りください。
・送り先は下記の財団事務局にご送付ください。(ご送付いただいた書類などの返却はできませんので、あらかじめご了承ください。)
・公募助成申込書類一式は、財団のホームページ(http://www.kirin.co.jp/foundation)からダウンロードできます。(PDF形式またはEXCEL2003)
■その他
詳細は、財団ホームページ(http://www.kirin.co.jp/foundation)で確認してください。
公募申請内容などの事前のご相談については、随時受け付けていますので、事務局へ電話・ファックスなどでご連絡ください。
■申し込み・問い合わせ
財団法人 キリン福祉財団事務局 担当:米内山(よないやま)・阿部(あべ)
〒104-8288 東京都中央区新川2丁目10番1号
電話:03-5540-3522   FAX:03-5540-3525
URL:http://www.kirin.co.jp/foundation

2.平成21年度子育て家庭支援団体に対する助成活動
○社団法人 生命保険協会○
■助成対象となる団体
・日本国内において、就学前の子どもの保護者等(妊婦等を含む)への支援活動を行っている民間非営利のボランティアグループ・団体、NPO法人等
※特定非営利活動法人(NPO法人)以外の法人格を有する団体(社団法人、財団法人、社会福祉法人等)は対象外とします。
※過去に助成対象となった団体でもご応募いただけますが、3年連続して助成を受けた団体は、その後2年間については応募をご遠慮ください。
■助成対象となる活動(事業)
・就学前の子どもの保護者等(妊婦等を含む)を対象とする支援活動で、平成21年4月~平成22年3月に実施し完了する活動
<対象となる活動の具体例>
①学習会活動(育児勉強会の開催等)
②相談活動(子育て相談・カウンセリング等)
③情報提供活動(子育て情報誌の発行等)
④支援者養成活動(保護者等の支援者(サポーター)の専門性向上を図るための研修会等)
⑤交流活動(親子の集い・情報交換の場の提供等)
⑥託児活動(事業等を行う際の一時預かり等)
⑦その他、就学前の子どもの保護者等を支援するうえで、効果的と認められる活動
■助成金額
助成金額 :1団体当り上限25万円(総額最大1,400万円)
■募集期間
平成20年9月12日(金) ~11月14日(金)※当日消印有効
■申込方法
所定の「助成申請書」に必要事項を記入・捺印し、正本1部と副本1部(コピー)を添付書類と一緒に、団体所在地の都道府県にある当会地方事務室あて応募(簡易書留または配達記録郵便で送付)
■その他
詳細は、協会ホームページ(http://www.seiho.or.jp/social/home/home-index.html)で確認してください。
募集要項、申請書等は上記のホームページでダウンロードできます。
■申し込み・問い合わせ
生命保険協会「子育て家庭支援団体に対する助成活動」事務局
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3階
電話:03-3286-2643 FAX:03-3286-2730
(埼玉県の場合は)
社団法人 生命保険協会 埼玉県事務室
〒330-0845 埼玉県さいたま市大宮区仲町2-75 大宮フコク生命ビル8F
電話:048-644-5001  FAX:048-647-5479

URL:http://www.seiho.or.jp/
[PR]
by misato-syakyo | 2008-10-07 13:24 | 助成情報 | Comments(0)
共同募金はじまりました
今年も10月1日から全国で共同募金運動がはじまりました。
三郷市でも、10月1日に市内のスーパーの店頭をお借りして街頭募金をおこないました。

《街頭募金結果》
マミーマート早稲田店・・・7,577
ワオシティ三郷・・・9,242
セレクション三郷店・・・15,218
ライフ三郷高州店・・・10,239
ゴールデンストア三郷店・・・44,097
いなげや三郷戸ヶ崎店・・・6,431
イトーヨーカドー三郷店・・・10,580
大丸ピーコックみさと店・・・16,299
(順不同)
募金してくれた市民のみなさん、ご協力いただいた店舗のかたがた。
ありがとうございました。
d0081884_14421635.jpg

※募金ボランティアとして三郷市民生委員・児童委員のみなさんのご協力がありました。
d0081884_14424398.jpg


共同募金運動は12月31日まで続きます。
町会や自治会を通じて、学校や職場を通じてのご案内があるかと思いますが
ご協力をよろしくお願いします。

共同募金について詳しくは↓をご覧ください。

中央共同募金会ホームページ(http://www.akaihane.or.jp/)
埼玉県共同募金会ホームページ(http://www.fukushi-saitama.or.jp/saitama00/AKAIHANE/AKAIHANE.htm)
埼玉県共同募金会三郷市支会ホームページ(http://www.geocities.jp/akaihanemisato/)
※三郷市支会のページには街頭募金のフォトダイアリーがあります。
[PR]
by misato-syakyo | 2008-10-03 15:01 | 共同募金 | Comments(0)
臨時職員(パート職員)を募集します
※この記事は過去のものです。現在は募集をしておりません。

三郷市社会福祉協議会では、臨時職員(パート職員)を募集します。

○明るく健康で元気な方
○人とかかわることが好きな方
○事務職の経験者歓迎します


◇募集職種
事務員 ※介護の仕事ではありません。
◇雇用形態
臨時職員(パート職員)
◇応募資格
・ワード、エクセルで簡単な資料作成ができること
・普通自動車運転免許を持っていること
◇職務内容
一般事務
・窓口業務、伝票処理、書類整理、電話応対など
・パソコン(表計算・ワープロソフトなど)を使ったデータ入力及びデータ処理業務有り
◇募集人員
1人
◇勤務日
月曜日から金曜日までの週5日(祝日を除く)
◇勤務時間
午前8時30分から午後5時15分 ※休憩1時間
(実働7時間45分)
◇時給
780円
◇勤務期間
平成21年3月31日まで
◇応募方法
面接日を指定しますので、電話でご応募ください。面接日に履歴書を持参してください。
◇勤務地
社会福祉法人 三郷市社会福祉協議会
(埼玉県三郷市花和田638-1三郷市健康福祉会館5階)
◇連絡先
〒341-0041 埼玉県三郷市花和田638-1
電話 048-953-4191 担当:宇佐美(ウサミ)/重村(シゲムラ)
[PR]
by misato-syakyo | 2008-10-03 10:09 | その他 | Comments(0)