Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
いつまでもお元気で!
【敬老の日にちなみ記念品をプレゼント/彦沢老人福祉センター】

去る9月13日(土)、三郷市立彦沢老人福祉センターではお祝いのメッセージカードを添えた毛糸のボールを職員からひとりひとりへプレゼントし、長寿のお祝いをしました。
この記念品の毛糸のボールは、彦沢センターの編み物サークルの方々から善意で協力の申し出があり、サークル活動の合間に製作されたものです。
握力運動や台所用スポンジなどいろいろな用途に使える優れものです。

d0081884_15151128.jpg

利用者さんからは
「手作りの物を貰えて嬉しい」
「色が綺麗で可愛い」

などの言葉があり好評でした。
d0081884_15192493.jpg

※三郷市立彦沢老人福祉センターは、三郷市の指定管理者として三郷市社会福祉協議会が管理・運営しています。
彦沢老人福祉センターへのお問い合わせは、
電話:048-953-5588 まで
[PR]
by misato-syakyo | 2008-09-30 15:25 | 報告 | Comments(0)
国際福祉機器展見学バスツアー参加者募集
-福祉機器の選び方・使い方セミナーにも参加できますー

三郷市社協では、第35回国際福祉機器展(世界の福祉機器の総合展示会)を見学するバスツアーを企画しました。
福祉機器の展示のほか、会場では、ふくしの相談コーナーやふくしのスキルアップ講座、出展社によるワークショップなどが開かれています。
現地では、自由行動ですので興味のあるところだけじっくりと見学することもできます。

□日時
平成20年9月25日(木) 午前8時30分から午後4時まで
午前8時30分に集合(三郷市立図書館前 埼玉県三郷市谷口544番地)してバスで会場まで行きます。到着後は、自由行動となります。
現地での見学時間は、午前10時から午後3時までの5時間を予定しています。

□場所
第35回国際福祉機器展
東京ビックサイト(東京都江東区有明3-21-1 Tel:03-5530-1111)

□対象
在宅で介護をしているかた、介護に興味のあるかた

□定員
20人(申し込み順、定員になり次第締め切ります)

□参加費
1,500円(当日集めます。なるべくお釣りの無いようにおねがいします)
※昼食代などは各自で別途必要となります。

□申込方法
三郷市社会福祉協議会 事業係(Tel:048-953-4191)に電話で申し込んでください。
9月22日(月)締切です。

□参考
国際福祉機器展ホームページ(http://www.hcr.or.jp/exhibition/index.html
世界の福祉機器を総合展示
ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した福祉車両まで世界の福祉機器を一堂に集めた国際展示会。保健医療・福祉・介護の各分野の制度改革や事業活動を紹介する国際シンポジウム、セミナー情報など国際福祉機器展H.C.R.に関する情報を掲載しています。
[PR]
by misato-syakyo | 2008-09-18 11:30 | 社協の事業 | Comments(0)
社協だより第76号がでました
9月12日に社協だより第76号が発行されました。
今号の主な記事は
・赤い羽根共同募金が始まります。
・社会福祉大会の開催。
・ふれあい広場・ふれあい作品展の開催
のほか、彩の国ボランティア体験プログラムの感想などもあります。
三郷市社会福祉協議会のホームページからPDFファイルを見ることができますので、是非どうぞ。
d0081884_118260.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2008-09-17 11:08 | 広報紙 | Comments(0)
彩の国ボランティア体験プログラムレポート第5弾!
日の暮れるのも早くなり、朝晩も冷え込み、めっきりと秋も深まりつつある今日このごろ。
いかがおすごしですか?
夏がずっと昔のような感じですよね(と言っても昼間は、まだまだ暑いですが…)。

そして、夏のボランティア体験プログラムレポートを。

今回、紹介するのは「たちばな保育所」でのボランティア体験。
短大1年生の2人が参加しました。

伺った日は、夏真っ盛りのとっても暑い8月。
そんな中、2人はお部屋のお掃除や子どもたちと元気いっぱいに遊んでいました。

さて、そんな2人の感想は…。

d0081884_14405093.jpg


2人の感想が9月12日(金)発行の「社協だより」に掲載されます。
社協だよりをお楽しみに~!
発行後は、三郷市社協のホームページからもpdf版を見ることができますよ!
[PR]
by misato-syakyo | 2008-09-09 14:44 | ボランティア | Comments(0)
「第7回コミュニティーリーダーズフォーラム」リーダーの心の壁を突破する~語る・振れ合う・進化する~
NPO法人CRファクトリー×プライマリークラブ コラボ企画

コミュニティリーダーの新境地を開拓する運命の6時間
   ~あなたの進化が社会を変える!~

コミュニティーリーダーズフォーラムとは、様々な地域、テーマで奮闘しているコミュニティ活動に取り組んでいるリーダー、スタッフが一堂に会して、活動に対する想い、悩みをとことんと語り合い、ノウハウやスキルの交換をすることでともに課題解決のヒントを見つけ切磋琢磨し、互いに成長をしていくきっかけをつかむ場です。
 
■日時
平成20年9月27日(土) 午前9時30分~午後4時
*よりフォーラムの効果を挙げるために全体交流会(午後4時~6時)を行います!(別に参加費がかかります) ぜひご参加ください。(昼食手配サービスも別途費用徴収で利用可! )
■会場
日本財団会議室(地下鉄銀座線「虎ノ門」「溜池山王」駅 出口9番より徒歩5分)
■参加費
事前振込 3,000円 当日 4,000円 学生1,000円
■定員
50人
■申込み方法
事前に下記のホームページからお申込みください。お早目のお申込みをお奨めいたします。
■内容
詳細は、こちらをご覧ください。【URL】http://www.crfactory.com/
■問い合わせ先
第7回コミュニティーリーダーズフォーラム運営委員会
<事務局> NPO法人 CRファクトリー
【TEL/FAX】03-3445-4696 【E-mail】info@crfactory.com
[PR]
by misato-syakyo | 2008-09-08 15:21 | 助成情報 | Comments(0)
「彩の国ボランティア体験プログラムレポート第4弾!」
まだまだ残暑が厳しい毎日ですね。
しかし、夜になると涼しくなるので秋が近づきつづあるのかなと感じています。日が落ちるのも早くなりましたしね。

そして、ボランティア体験プログラムの報告を。

今回は、「三郷市立ワークセンターしいの木」(以下、ワークセンターしいの木)での活動体験を紹介します。
ワークセンターしいの木は、知的障害のあるかたが生活訓練や作業活動などをする授産施設です。

ここで活動を体験したのは高校2年生(男性)の方。
この方は、高齢者施設「三郷藤光苑」でもボランティア体験をしていました。
ワークセンターしいの木では、利用者の方と一緒に作業をしていました。(とても真剣な表情ですね)

d0081884_14241664.jpg

ボランティア体験プログラムは単にボランティアを体験するというだけでなく、地域の施設のことや高齢者のこと、障害者のことなどを考えるきっかけにもなって欲しいなと思っています。

例えば、このワークセンターしいの木は、障害のある人たちが働く場所でもあります。
ここでの体験を通じて、障害のある人が働くということについて、何か感じ取ってもらえたならいいなと思います。
[PR]
by misato-syakyo | 2008-09-05 14:27 | ボランティア | Comments(0)
平成20年8月末豪雨
前線の影響により8月28日から東日本を中心に局地的豪雨が続き、大きな被害が出ました。
愛知県では、岡崎市及び名古屋市に災害救助法が適用されました。
両市には「岡崎市防災ボランティア支援センター」「名古屋市災害ボランティアセンター」が設置されて、被災者支援活動が展開されています。

岡崎市、名古屋市ともに「平成20年8月末豪雨」災害義援金の受け付けをしています。
下記のリンクから詳細を確認してください。

岡崎市(http://www.city.okazaki.aichi.jp/yakusho/ka3035/ka800.htm)
名古屋市(http://www.city.nagoya.jp/kurashi/event/boshu/nagoya00058529.html)
[PR]
by misato-syakyo | 2008-09-03 09:50 | 災害/防災情報 | Comments(0)
ビッグイシュー日本版創刊100号&5周年記念イベント 「若者と日本社会の未来を考える」
ホームレスが販売する雑誌「ビッグイシュー」は、創刊5周年を迎えました。
この雑誌の販売は、ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。
詳細なコンセプトや理念などについてはホームページ(http://www.bigissue.jp/)をご覧ください。

ビッグイシュー日本5周年とビッグイシュー基金1周年を記念して、ビッグイシューとこれからの日本社会の関わりと、社会を担う若者の未来を考える集いを持ちたいと考えました。
茂木健一郎、香山リカ、大津和夫の各氏をお招きし、日本の若者と社会の未来について考え、提案します。

ビッグイシュー日本版創刊100号&5周年記念イベント
「若者と日本社会の未来を考える」

《東京5周年記念の集い》
○第1部 記念講演 「ビッグイシューと社会」
茂木健一郎氏 (ソニーコンピュータサイエンス研究所)
★休憩 「ビッグイシュー販売者によるミニ活動報告」サッカー・卓球など
○第2部 対談 「若者を包摂できる社会を語る」
香山リカ氏(精神科医、立教大学教授)/大津和夫氏(読売新聞記者、『置き去り社会の孤独』著者)

□日時
2008年9月7日(日) 13時30分~17時 (13時15分開場)
□場所
明治大学リバティホール(JRお茶の水駅徒歩5分)
□参加費
1,500円 (資料代などを含む)
□定員
500人(定員になり次第締め切らせていただきます)
※お申し込みは FAX (03-6802-6074) またはメール(tokyo@bigissue.jp)まで
[PR]
by misato-syakyo | 2008-09-03 08:53 | イベントなど | Comments(0)
「彩の国ボランティア体験プログラムレポート第3弾!」
とうとう9月になり、新学期も始まりました。
夏休みが懐かしいという人も多いのではないでしょうか。

さて、またまたボランティア体験プログラムの報告をさせていただきます。

今回は、知的障害者地域デイケア施設「コンパス」での活動です。
活動者は社会人の方。伺ったときは、利用者の方と内職をしていました。

d0081884_10342611.jpg

感想を伺ってみると・・・
「ボランティアは初めてでしたが、貴重な体験ができよかったです。パン作りもし、こうやってパンが作られるんだなとわかりました。
コミュニケーションも一人ひとり違い、理解するのが難しいこともありましたが、来てよかったと本当に思いました」

また、
「参加したくてもどうやって参加したらよいのかわからない部分もあるので、こういう企画があってよかったです」
とのこと。

お話しを伺いながら、ボランティア体験プログラム事業の意義がここにあるんだなと再認識できました!
[PR]
by misato-syakyo | 2008-09-02 10:41 | ボランティア | Comments(0)
戸ヶ崎老人デイサービスセンター臨時職員登録者募集!
三郷市立戸ヶ崎老人デイサービスセンターでは、臨時職員の登録を開始します。
登録を希望される方は、募集要項をご覧の上、登録の手続きをしてください。
三郷市社会福祉協議会のホームページに募集案内と登録申込書のpdfファイルがありますので、プリントアウトしてお使いください。
なお、採用の必要が生じたときに、順次採用させていただきますので、登録をしても必ず採用されるというわけではありませんので、ご了承願います。
詳しくは、三郷市立戸ヶ崎老人デイサービスセンター(TEL048-956-8000)へお問い合わせください。
[PR]
by misato-syakyo | 2008-09-01 09:17 | 社協の事業 | Comments(0)