Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:社協の事業( 121 )
ふくし講座「老いじたく」今からできる生前整理~心穏やかに過ごすために~ 開催しました!
11月14日(土)の13時から15時まで、三郷市文化会館の中会議室で開催しました。
あいにくの雨模様でしたが、62人と大変多くの参加があり、会場は満席となりました。

講師のあんしんネット事業部長 整理コーディネーターの石見良教氏からは、
「自分の身に万が一何かが起きた際、家に遺された物の全てが遺品となる。日ごろ、身の回りの整理をしておくことが大切である。」
と、具体的な片付けポイントの解説が。

参加くださった方からは
「分かりやすい!早速実践します!」
との感想が寄せられ、終了後のアンケートでは、参加者の91%のかたが『満足』の回答をいただきました。

d0081884_1571643.jpg

 ▲様々な遺品整理の場に立ち合った講師の岩見氏から、生前整理の重要性を説明

d0081884_1574671.jpg

 ▲スライドを使って、より臨場感のある現場の話に聞き入る参加者
[PR]
by misato-syakyo | 2015-11-25 15:16 | 社協の事業 | Comments(0)
人が集まる企画と魅力が伝わるチラシづくり&仲間づくり講座(全2回/無料)
大人気テッパン講座、ついに三郷で開催!【全2回】無料
d0081884_15285585.jpg

講座やイベントは、どこの組織にもつきものですよね。
毎回押すな押すなの大盛況!でしょうか。
それとも...人集めに四苦八苦?
そんな悩める方や、事業を企画担当する方にオススメの全2回講座のご案内です。

第1回は企画と広報力の強化、第2回は仲間作りとイキイキとした地域作りについて、すぐ役に立つコツやポイントを教わります。ぜひご参加ください。

【第1回】
「人が集まる企画と魅力が伝わるチラシの作り方」
あらゆる世代の参加を望むと、かえって誰も来てくれません。
どんな視点で企画を練れば、魅力が伝わり申し込みたくなる、参加したくなる講座やイベントができるのか。
ターゲットにより異なる、申し込みたくなる企画の立て方や心に響くタイトルのつけ方、参加しやすい曜日や時間設定、企画の魅力をわかりやすく伝えるチラシ作りのコツ等について学びます。

<日時>
平成27年12月9日(水)
午後1時30分〜午後4時15分(開場午後1時〜)
<場所>
三郷市文化会館2階大会議室(埼玉県三郷市早稲田5-4-1)
<講師>
坂田 静香氏(NPO法人男女共同参画おおた理事長)
<講師プロフィール>
福岡県出身。NPO法人男女共同参画おおた理事長。
企画に携わった当初は定員割れの講座しかできなかったが、工夫と努力を重ねた結果、今では企画したほとんどの企画が定員オーバーとなり、平均応募倍率は3.3倍に。
現在、そのノウハウを教えて欲しいと全国の自治体やNPO、市民団体から講演依頼が殺到、年間日本全国100ヶ所以上の講演をこなし、この業界では「カリスマプランナー」と呼ばれている。
著書「実例でよくわかる!人が集まるチラシの作り方」(家の光協会)、「人が集まる!行列ができる!講座・イベントの作り方」(講談社+α新書)、またDVD「思わず手にとるチラシのWordテクニック基礎編・達人編」(株式会社アスパクリエイト制作)は、企画担当者の必読、必見の教材となっている。


【第2回】
「暮らしと地域を豊かにするボランティア活動」
仲間作りやイキイキとした地域作りを進めるための活動のコツについて学びます。

<日時>
平成27年12月16日(水)
午後2時〜午後4時(開場午後1時30分〜)
<場所>
三郷市文化会館2階視聴覚室(埼玉県三郷市早稲田5-4-1)
<講師>
藤井 美登利氏(埼玉県共助仕掛人・NPO法人川越きもの散歩代表理事)
<講師プロフィール>
川越むかし工房代表。東京生まれ。
欧州航空会社に10年乗務員として勤務。
日本と欧州を行き来する中で、歴史と今が常に接点を持ち、古い町並みを住人が誇りにしている欧州のライフスタイルに影響を受ける。
1994年観光で訪れた川越を気に入り、都内浅草より川越へ移住。川越を訪れる外国人をボランティアで案内しながら町の歴史を学び、子育てをしながら川越のコミュニティを知る。
2001年川越の町雑誌「小江戸ものがたり」を創刊。暮らしの中の町の記憶をのこすこと、地域の良さを再発見してもらうことを軸に活動中。
2002年マンション建設のため取り壊される予定だった明治時代の市場建築「旧川越織物市場」の保存運動に関わる。


【各回共通】
<主催>
三郷市市民活動支援課 三郷市ボランティアセンター
<対象>
ボランティアやNPO団体、町会等で活動中の方
<募集>
30人(要事前申し込み、先着受付順)
<受付方法>
電話、電子メール、FAXで(1)氏名(よみがな)、(2)性別、(3)年齢、(4)所属、(5)住所、(6)電話、(7)FAX、(8)電子メール、(9)申し込みのきっかけ、(10)受講後の活用方法をご連絡ください。
<会場アクセス>
JR武蔵野線三郷駅下車(北口)から徒歩13分
又はTX三郷中央駅、JR三郷駅(北口)から早稲田循環、又は吉川車庫行のバスで「文化会館東バス停」下車徒歩3分

申し込み・問い合わせ
三郷市ボランティアセンター(三郷市社会福祉協議会内)
電話:048-953-4191 FAX:048-953-4192
電子メール:koza@misato-syakyo.or.jp

d0081884_15291646.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2015-11-17 15:30 | 社協の事業 | Comments(0)
【参加者募集】地域で見つける居心地の良いトキ良いヒト良いトコロ
地域で見つける居心地の良いトキ良いヒト良いトコロ 参加者募集!
~さあ踏み出そう、はじめの一歩~

仕事や家庭の他にもあなたがイキイキと輝ける場所があったらいいな~と思いませんか?
地域には、あなたの趣味や特技、仕事で身につけたスキルを活かせる場所がきっとあります。
この機会に新たな活躍の場を広げてみましょう。
市民の皆さんがアイディアを出し合い、人も地域も元気になることを目指す講座です。
第2の人生を地域で…とお考えのかたの参加をお待ちしています。

■日時:11/20(金)13:30から16:30まで
■会場:三郷市健康福祉会館5階会議室(三郷市花和田638-1)三郷市役所の向かい側です。
■申し込み:三郷市社会福祉協議会 福祉推進係(電話:048-953-4191)

当日は、こんな事例発表を予定しています。地域でイキイキと活動している実例について参加者で話しあいましょう。
○土に親しむ
老人クラブの活動で畑での収穫の喜びを会員で共有
○生きがい就労
NPO で地域での困りごとに取り組む
○ボランティア活動
手品、バルーンアート等特技を活かして活動
「お金では買えない豊かな人間関係を持っていると、これからの暮らしが充実してきます」
d0081884_10131498.png

[PR]
by misato-syakyo | 2015-11-16 10:12 | 社協の事業 | Comments(0)
三郷市合同金婚式(27年度)のスライドショーを公開しました
三郷市社会福祉協議会のホームページで、10月21日に開催された平成27年度三郷市合同金婚式の様子をスライドショーで公開しました。
Misato-Syakyo.Photo
http://www.misato-syakyo.or.jp/photo/index.html

d0081884_142703.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2015-10-22 14:27 | 社協の事業 | Comments(0)
ふれあい広場で楽しもう!(10/11)
三郷市ふれあい広場(障がいがあっても、なくても。みんなで集おう ふれあおう)
三郷市内の20の福祉団体などで構成するふれあい広場実行委員会と社協が開催するイベントです。
さまざまな出会いや交流がささえあいの輪となり、誰もが安心して豊かに暮らしことができるまちづくりのきっかけにしたいと願い、毎年開催しています。
会場ではスタンプラリーも実施します。スタンプを集めて、景品をもらっちゃおう!
出展団体などが掲載されているチラシはこちらをクリックしてご覧ください。スタンプラリーの台紙にもなっています。

d0081884_10105352.jpg

◆開催日時
平成27年10月11日(日) 午前10時から午後2時30分まで
※荒天の場合、開催時間を短縮する場合もあります
◆会場
早稲田公園(三郷市早稲田4-4)
◆イベント内容
ダンスパフォーマンス、焼きそば、フランク、焼き立てパンなどの売店、遊びのコーナー、バルーン教室、スタンプラリーなど
◆共同募金ブース
三郷市ふれあい広場に共同募金ブースを出展し、街頭募金を行います。
300円以上募金にご協力していただいた方に「初音ミク」または「妖怪ウォッチ」のクリアファイルをプレゼントいたします。
100円以上募金にご協力していただいた方に「妖怪ウォッチ」のシールをプレゼントいたします。
三郷市では、最後の配布となります。
※申し訳ありません、好評につき残数がとても少ないです…品切れの際にはご容赦願いますm(_ _)m

皆さんのご来場をお待ちしております!
なお、10/10・11には早稲田公園前の文化会館で「ふれあい作品展」(こちらの記事参照)というイベントも開催しますので、あわせてお楽しみください。
d0081884_10114760.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2015-10-09 10:12 | 社協の事業 | Comments(0)
ふれあい作品展でお待ちしております(10/10・11)
第31回(平成27年度)ふれあい作品展のお知らせ

10月10日(土)と11日(日)の2日間、三郷市文化会館で「ふれあい作品展」を開催します。
「ふれあい作品展」は、三郷市内に在住・在勤・在学の60歳以上のかた、障がいのあるかたの渾身の作品(絵画、写真、陶芸、書、手芸など)を多数展示しているイベントです。
毎年、多くのかたより様々な作品が出品され、来場者を楽しませています。
d0081884_926355.jpg

■開 催 日
(1)平成27年10月10日(土) 午前10時から午後4時まで
(2)平成27年10月11日(日) 午前10時から午後2時まで

■会  場
三郷市文化会館 展示室(三郷市早稲田5-4-1)
■出品種目
書、絵画、版画、陶芸品、彫刻、切り絵、俳句、短歌、写真、手芸作品など

d0081884_92723100.jpg

皆さんのご来場をお待ちしております!
なお、10/11には三郷市文化会館前の早稲田公園で「ふれあい広場」(こちらの記事を参照)というイベントも開催しますので、あわせてお楽しみください。
[PR]
by misato-syakyo | 2015-10-09 09:27 | 社協の事業 | Comments(0)
あんしんサポートねっと生活支援員養成研修参加者募集
~地域で活躍する専門職を養成します~

三郷市社会福祉協議会では、あんしんサポートねっと事業の生活支援員を養成するための研修会を開催します。
生活支援員は、判断能力の不十分な高齢者や知的障がい・精神障がいのある方のお宅へ定期的に訪問し、福祉サービスの利用援助や郵便物の確認、暮らしに必要なお金の出し入れの支援を行う仕事です。
※生活支援員の身分は、社協の臨時職員です。養成研修終了後に、採用面接を行います。

■対象者
(1)高齢者や障がいのある方への支援に関心のある方
(2)実際に生活支援員として活動できる方(最低月1回以上)
 ※雇用時に、直接福祉サービスに従事している方や民生委員等は兼任できません。
(3)生活支援員に必要な研修や定例会に参加できる方(年5回程度)
(4)自動車運転免許をお持ちで普通乗用車の運転ができる方
■日時
平成27年11月6日(金)~12月4日(金)の全6回(講義と実習を含む)
詳細につきましては、カリキュラム表(PDFファイルがクリックで開きます)をご覧ください。
■場所
三郷市健康福祉会館5階会議室・ボランティアルーム(埼玉県三郷市花和田638-1)
■定員
5名
■申し込み
受講申込書に自筆で記入の上、平成27年10月30日(金)までに三郷市社会福祉協議会事務局(埼玉県三郷市花和田638-1 三郷市健康福祉会館5階)へご持参ください。定員を超えた場合は、書類選考となります。定員に満たない場合は、開講直前まで募集を行います。
※受講申込書(PDFファイルがクリックで開きます) 

■問い合わせ 三郷社会福祉協議会 生活支援係(048-953-4191)

あんしんサポートねっとについては、埼玉県社協のホームページ
http://www.fukushi-saitama.or.jp/site/perf/kenri/self-support.html
をご覧ください。
[PR]
by misato-syakyo | 2015-09-16 11:06 | 社協の事業 | Comments(0)
【講座参加者募集】ふくし講座 『老い支度』
今からできる生前整理 ~心穏やかに過ごすために~

いざ自分の身に何かが起きた時、遺されたご家族の悩みのタネが遺品整理。
そうならないために、日ごろから身の回りの物をどう整理すればよいのか・・・
「片づけられない」「どこから手をつけたら良いか分からない」「何を遺しておけばよいか分からない」というお悩みに、遺品整理のプロが分かりやすくご説明します。

■日 時  11月14日(土)13:00~15:00 (受付12:30)
■場 所  三郷市文化会館 中会議室(埼玉県三郷市早稲田5-4-1)
■講 師  整理コーディネーター 石見 良教 氏
■対 象  講座内容に興味のある三郷市内在住・在勤のかた(ご家族、学生も大歓迎)
■定 員  70名
■参加費  200円

申し込みはお電話で、生活支援係まで(048-953-4191)
※チラシはこちらをクリック!
先着順で、定員に達するまで申し込みを受け付けます!
[PR]
by misato-syakyo | 2015-09-16 10:31 | 社協の事業 | Comments(0)
【事業報告】オトナのたしなみ(60代からの手紙講座- 万年筆編-)
全3回コースで実施した「オトナのたしなみ(60代からの手紙講座- 万年筆編-)」が、7月24日(金)に無事最終日を迎えました。

この事業は
三郷市社会福祉協議会と株式会社パイロットコーポレーションとのコラボレーション事業として、パソコンや携帯電話・スマートフォンなど便利なグッズが普及している中、手書きならではの味わいや手で書くことの楽しみを再確認してもらおうと企画されたものです。
d0081884_16334435.jpg


講座の振り返り
今回の講座を簡単に振り返ってみると、内容としては、三郷市、群馬県伊勢崎市、神奈川県平塚市の3箇所で同じ内容の講座を開催し、その参加者同士で手紙を出しあうというもの。
参加者は定員の10名様。この定員数は3箇所での手紙のやりとりをするにあたってスタッフが対応できる人数として設定されたものです。

1回目は、参加者の自己紹介、万年筆の構造や手入れの方法などのレクチャー、そしてこの企画で重要となるご自身のプロフィール票の記入をしました。
このプロフィール票を見て、差出人は相手を想像して手紙を書くことになっていますので、相手が手紙を書きやすいような情報を記入する必要がありました。
なお、個人間での文通では無いため、ペンネームでのやりとりになりました。みなさん、頭を捻ってペンネームも考えていたようです。

2回目は、美文字を書くコツのレクチャー後に、いよいよ手紙を書くことに。それぞれ配られたプロフィール票を元に心をこめて書くために、まず下書きを。
今回は絵葉書カードに書きますので、はがきサイズに文面をまとめなくてはなりません。下書き用の練習用紙を使って、うまくまとめあげます。相手に喜ばれるコツとしては、相手のことを7割、自分のことを3割で書くと良いとのこと。
原稿ができたら、たくさん用意されたきれいな絵葉書から好みのものを選びます。たくさん文字を書きたい方は小さい絵柄のものを選んだり、気に入った絵柄がいくつもあって迷ってしまう参加者もいました。でも、アレコレ悩むのも楽しそうでした。
最初は何を書いたらいいかわからないと言っていた参加者も、実際に取り組んでみるとスラスラと書けていました。

3回目は最終日。前回に引き続き手紙を書いたのですが、参加者のモチベーションは前回とは違っていました。
というのも、3回目の講座の前に他会場の参加者からのお手紙が届いたからです。

(手紙を受け取っての感想)
・知らない方から届く手紙がこんなに嬉しいものだとは。何度も読み返しました。
・手紙が来るまで毎日ポストを確認していました。
・プロフィールを良く読んでくれて私の事を色々と書いてくれて嬉しかった。
・普段は接しないであろう、自分とは正反対な感じの人から手紙が来たので面白かった。
・ぎっしり書かれた手紙が来た。短い時間でよくまとめたなと感心。
・ペンネーム(ニックネーム)で呼びかけられたので、親しみがわいた。
・美味しそうなレシピが書かれていて、面白かった。

d0081884_1633887.jpg

参加者のみなさんは、上記のような感想を口々に述べていらっしゃいましたが、全員に共通しているのは手紙を貰うことはとても嬉しいことだということ。
自分がされて嬉しいことは、相手にもしてあげたくなります。3回目の手紙では、この経験を踏まえて更に良いお手紙が書けたのではないでしょうか。

さいごに
三郷市社会福祉協議会としても、株式会社パイロットコーポレーションとしても、こういったコラボレーション事業は初の試み。打ち合わせの段階ではパイロットコーポレーションさんには不安も多くあったのではないかと思われますが、ともかく講座が無事に終了して何よりでした。
参加された皆様には、手紙を書く楽しみ、手紙が届く嬉しさ、万年筆の味わい深さなど感じていただけたのではないでしょうか。
主催者側にも不慣れな面があり、行き届かないことも多々あったと思いますが、自ら感じた反省点や皆様からのアンケート結果などもフィードバックし、今後のより良い企画につなげていくつもりです。
d0081884_16343590.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2015-07-27 16:35 | 社協の事業 | Comments(0)
【講座参加者募集】救急救命士に聞く!こんなとき、どうする?
d0081884_1692636.gif


三郷市社会福祉協議会では、三郷市消防本部から現場で活躍している現役の救急救命士をお招きし、
判断に迷いがちだけど、生命にかかわることだから、ぜひ知っておきたい
「どんなときに救急車を呼んだらいいのか」
「救急車が来るまでに何をしておけばいいのか」
「食べ物がのどに詰まったときどうしたらいいか」等、もしものときのために…などなど

気になる疑問を教えてもらう講座を開催します。興味のある方はぜひご参加ください。

■日時
7月30日(木)午後1時30分から3時30分まで
■場所
三郷市健康福祉会館5階会議室(埼玉県三郷市花和田638-1)
■内容
「高齢者に起こりやすい事故と予防、応急手当て」
急病への対応方法について学びます。
■対象
講座内容に興味のあるかた
■募集人数
15人(先着順)
■参加費
無料
■募集締切
7月10日(金)
■申し込み・問い合わせ
三郷市社会福祉協議会 福祉推進係
電話、FAX、または電子メールでお申し込みください。
電話:048-953-4191  FAX:048-953-4192
電子メール:koza@misato-syakyo.or.jp

[PR]
by misato-syakyo | 2015-06-30 16:07 | 社協の事業 | Comments(0)