Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:報告( 27 )
交通安全の感謝状を頂戴しました
今年、三郷市内での死亡事故ゼロ日数が180日を達成したとのことで、先日、三郷市社協もその一翼を担わせていただけたと評価をいただき、埼玉県警察吉川署から感謝状を頂戴しました。
三郷市社協では、事業所内に安全運転管理者を選任して、職員の安全運転教育を推進しています。
普段、職員が市内で訪問等の外出をしたり、デイサービスの送迎業務があったりと、自動車の運転を抜きにしては業務が成り立たないなか、ふと後回しになりがちな安全運転意識は、本来欠かせないものです。
これを機会に、更に交通法規・安全意識の再確認をしてみませんか?
d0081884_1912511.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2016-09-06 19:12 | 報告 | Comments(0)
タントがやってきた~(赤い羽根共同募金の配分)
赤い羽根共同募金で配分された軽自動車タントが納車されました。
軽ながらなかなか広く感じる車内。ちょっとかわいいやつです。
狭い道を通っていく訪問時に活躍してくれることでしょう(^O^)
d0081884_1147259.jpg


皆様からいただきました赤い羽根の共同募金は今回のような車だけでなく、民間の社会福祉活動に配分され活用しています。
(参考)
埼玉県共同募金会の平成25年度結果報告書◆赤い羽根だより◆
[PR]
by misato-syakyo | 2014-09-12 11:53 | 報告 | Comments(0)
チャリティープロレス、誠にありがとうございました。
覆面マニア チャリティープロレス in 三郷市。

2月23日(日)に無事終了いたしました。
そして先ほど、会場の皆様にご協力いただきました寄付金を、三郷市社会福祉協議会にお持ち頂きました。
誠にありがとうございました。

※久々に生で見るプロレスは、迫力満点でした。
初めてプロレスを生で見る方も多かったようですが、会場の楽しそうな雰囲気が印象的でした。

写真は、大会後のミステル・カカオ選手とウチの職員です。
眼光の鋭さは、負けていない!?
d0081884_14425150.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2014-02-24 14:45 | 報告 | Comments(0)
社協職員の勉強会で事例報告してきました
平成25年7月11~12日に茨城県つくば市で開かれた社協職員の勉強会で、三郷市社協及び埼玉県市町村社協連絡会の取り組みについて事例発表をしてまいりました(^O^)v

別紙資料の提供について快諾をいただきました坂田静香先生に心から感謝を申し上げます。
なお、参加された方のアンケート集計結果は、次のとおりでした。

[性別] 男性24名、女性35名

[所属] 市町村社協職員33名、都県社協職員1名、不明1名

[年齢] 20代8名、30代14名、40代10名、50代3名

[100点満点採点で…] 平均87.8点

[点数の理由]
○チラシの作成、アイデアがすばらしい
○自分の知りたかった内容が示され、かつ限られた時間の中でわかり易く説明いただきました。
○すぐに実践できる内容もあり、早速取りかかっていきたいと思ったからです。
○面白い。非常に参考になりました。
○限りなく100点に近い(?)88点です。担当者がかわったら、広報がよくなったり、クラシックになったり心配です。
○坂田先生のセミナー受講しました。要点がまとめてあり、内容を共有するのに利用させていただきます。
○フェイスブックとツイッターの利用方法や効果などについても話を詳しくききたかったです。
○チラシPRには大変勉強になりました。広報紙についても事例をお聞きできれば…
○短い時間の中で、もって帰りたいものがたくさんありました。面白いお話聞かせていただきました。ありがとうございました。
○早口の印象を受けましたが、伝えたいポイントがまとまっていたためわかりやすかったです。
○もう少し時間を長くとっていただきたかったです。
○おもしろかった
○時間オーバーが-5点。以外はとてもよかった。
○アイスブレイクの話の方が長くなってしまい、本題の方の時間が少なかったように思います。興味深かったのでもう少しききたかったです。
○広報、企画のポイントがわかりやすかったです。
○ゆっくりていねいにお話してくださり ありがとうございました。
○説明は簡潔にしてほしい。資料説明に重点を置いていただきたかった。
○もう少し詳しく話をききたかった 得られるものがありました。
○行列のできる講座の作り方セミナーの内容抜粋に知りたい内容が多く書かれていた。広報のレイアウトについてとても分かりやすくて良かった。もう少し時間が欲しかったナ。とても参考になりました。
○広報におけるポイントがわかりやすかった。
○チラシの作成など参考になりました。
○とても勉強になりました。楽しく拝聴させて頂きました。時間が短く残念でした。
○分かりやすかったです。そして実践ですぐ使えそうでよかったです。
○具体的な対象のしぼり方や、フォント等、実践力にあふれていて、とても参考になりました。
○まさに ちらし作りで苦しんでいたので、本当に助かりました。-5点は 自分のスキルがついていけず「私には無理…」と思ってしまったからです。スキルup目指します…。
○チラシの作成ポイント、参考になりました。ぜひ、次に活用したいです。
○実例を使い、分かりやすく教えていただきました。
○総合的に有意義な時間であったと思います。
○事例発表の他にも、今後の広報をするうえでの具体的な方法・手段が掲載されていたから。
○実際の取り組みについて発表して頂き分かり易かったと思います(もう少し時間を取って聴きたかった)。
○行列のできる講座の作り方セミナーについてネットで知っていましたが、実際に活用され参加者が増えたというのは、いかにチラシに工夫と企画を整理する必要があると改めて感じました。とても勉強になりました。
○もっとじっくり聞けたら、と思いました。時間が短くて残念です。
○人口規模の違いや高齢化率等、地域によって実情が様々かと思います。埼玉県内の社協ニーズと他県の社協が抱えるニーズには多少の格差があるかと思いました。PRする具体的な方法論の展開に、もう少し幅があったらと感じました。ですが、大変参考になりました。
○ターゲットを絞る、"社協だから対象は全市民"に甘んじず、どのように伝えていくかを考えること。そして、対象となる人にどのようなメリットがあるかも考えていこうとお話をうかがって思いましたので。

[その他自由回答]
○社協の中で共有化(相談)できる態勢がとれていてすばらしい。Facebookを参考にしていきたい。HPを開いています。
○職員の携帯からでも更新できるfacebook。やはり今ドキの社協はソーシャルネットワークを活用しないと広世代を巻き込めないと思いました(頭ではわかっているのですが…)「福祉の対象者は高齢者、見れる環境にない」と逃げる言い訳にしてしまっている自分がはずかしくなりました。
○ホームページやツイッターなど、ネットでの取り組みについて、もっとお話をききたかったです(初音ミクの広報で、貴社協のHPは昨年から拝見しておりました)。 実践できるような資料でとても参考になりました。
○自分の社協の「社協だより」をこのままでいいのか?!とずっと思ってきました。全国にある市町村社協さんのHPを検索して、良いものがあったり、参考にできるものがあればスクラップしています。その中に三郷市さんのものもあり、随分と参考にさせていただきました。ありがとうございました。制作者の方にお会いできて嬉しく思います。
○とても参考になりました。「ターゲットを絞る」「申込者目線で企画を練る」とても大切と思いました。
○もっとゆっくり話を聞いてみたかった
○もう少し時間をとって、話(講話)を聞きたかったです。
○帰ってからテキストを再度じっくり読ませて頂きます。ありがとうございました。
○アンケートの記念品も、良いアイデアですね。 素晴らしい説明をありがとうございました。
○講座終了後の参加者へのフォローはどうしているのか?

なお、三郷市社協のfacebookページでは、提出した資料の画像をupしましたので、よろしければご覧ください。
三郷市社協facebookページアドレス
https://www.facebook.com/misatosyakyo

d0081884_17181579.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2013-07-12 17:18 | 報告 | Comments(0)
皆さまに集めていただいた使用済み切手をお渡ししました。
三郷市ボランティアセンターでは皆さまから使用済み切手を集めています。
11月2日(金)深谷市にある「養護盲老人ホームひとみ園」の茂木園長と職員のかたがご来所し、三郷市ボランティアセンターで集めた使用済み切手をお渡ししました。
使用済み切手は、国内のコレクターのかたへ1kg800円でお譲りされているそうです。コレクターのかたとのパイプづくりには10年かけられたそうですよ!
d0081884_8461332.jpg

毎年、県内のボランティアセンターや小中学校などで集められた使用済み切手は1tにもなり、換金後は、重度視覚障がい者のかたのため、居住や作業施設を建設するために充てられているそうです。
今後も、ボランティアセンターでは使用済み切手を集め、「ひとみ園」さんにご協力していきたいと考えています。切手の周りを台紙から1cm程度の余裕を持って切り取って、ぜひ窓口にお持ち寄りください♪
d0081884_8472017.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2012-11-05 08:48 | 報告 | Comments(0)
耳が聞こえにくくなった人とのコミュニケーションとは?
かなり前の話(^^;)になりますが、以前、開催した介護教室のご報告をします。

今年の2月25日(土)に平成23年度第4回目の介護教室を開催しました。
テーマは、「高齢期の聞こえとコミュニケーションについて」。
この講座では、聞こえの仕組みと高齢期難聴の特徴、また聴力の低下した高齢者と接するときのポイントや補聴器について学びました。

始めに、難聴に気づいたらどうするか、そして補聴器が必要なのはどのような段階であるのかについてお話しいただきました。また、耳の聞こえにくい人はどう聞こえるのかについて、テープレコーダーを使い体験しました。体験することによって、イメージはグッとつかみやすくなります。
続いて、補聴器の選び方、購入時に気をつけることなどを学びました。なるほど、補聴器の選び方がとても大切だということが良くわかりました。
その後、難聴の人とコミュニケーションをとるときの配慮について学びました。
「ゆっくり話す」「長い文は避ける」等多くのことがポイントとなることには驚き、今まで知らなかったことが多いことを実感しました。
d0081884_938848.jpg

当日、講師の方が用意してくれた資料は、難聴者とのコミュニケーション時に活かされるものが多く書かれた、本当にわかりやすく実践的な資料でした。

最後に、参加者からの質問に講師が答え、この講座を終了しました。

参加者の声を紹介します。
「難聴への対応について気付かなかった点をたくさん学習できました」
「年齢的に心配の種になっていたので(まだ自覚はないが)、補聴器が必要になったときの注意が大いに参考になった。高齢難聴のかたと話をするときのコツが(配慮が)よくわかった。講座に参加してすごくよかった」
「難聴の話は初めて聞いたので、とても面白く参考になりました」
「補聴器のことについてよくわかりました」
[PR]
by misato-syakyo | 2012-08-14 09:40 | 報告 | Comments(0)
地域新聞に掲載されました。孤独死ゼロ作戦から学ぶ これからの地域福祉
地域新聞(三郷・吉川版)の9月2日号に、ふくし講座「孤独死ゼロ作戦から学ぶこれからの地域福祉」(7月30日開催)の様子の記事が掲載されました。
d0081884_16212491.jpg


三郷市内の一部にポストインされているそうです。機会がありましたら、是非お読みください。
[PR]
by misato-syakyo | 2011-09-02 16:22 | 報告 | Comments(0)
防災訓練をおこないました
去る11月8日、三郷市健康福祉会館では防災訓練が行われ、社協の職員も参加しました。
訓練は、毎年行われています。
煙の中の脱出体験(かなり苦しい。しかし、本物はこんなものじゃないと言われました…)や、スロープを使った避難。
水消火器をつかった消火訓練。
AEDや人工呼吸・心臓マッサージの訓練、三角巾を使用した止血方法などを学びました。
なかなか普段やりなれないことなので、難しいですが、緊急時にできるようシッカリと覚えなくてはね。
d0081884_1204850.jpg

d0081884_1205697.jpg
d0081884_12137.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2010-11-10 12:02 | 報告 | Comments(0)
心配ごと相談所事業が地域新聞に掲載されました
少し前のお話ですが、当協議会の事業の
「心配ごと相談所」に地域新聞の取材が訪れ、その記事が新聞に掲載されました。

d0081884_15254716.jpg


心配ごと相談所の開設時間は
毎週月曜日と金曜日の2日間。時間は、午後1時から3時30分までとなっています。3人の相談員が、みなさんの相談をお受けしています。
[PR]
by misato-syakyo | 2010-10-28 15:30 | 報告 | Comments(0)
社協キャラコレ2008 de BIWAKO
ゆるキャラの聖地(?)といえば、滋賀県ですよね。
その滋賀県にある大津市社会福祉協議会が11月23日に開催した大津市ボランティアフェスティバルの一環で、大津市社協の新マスコットキャラクターが「ソッタとドウジ」と命名されました。
この際の、「社協キャラクターコレクション2008 de BIWAKO」に三郷市ボランティアセンターのボラ太郎が参加いたしましたのでご報告いたします。

多くの社協のキャラクターのキグルミたちが、この「ソッタとドウジ」の命名のお祝いに駆けつけたようですが、
残念ながら、我がボラ太郎は、2次元キャラのため駆けつけることができず(泣)、印刷物などのみの参加となったようです。

関連リンク
大津市社会福祉協議会(http://www.otsu-shakyo.or.jp/index.html)

d0081884_11284930.gif

△ボラ太郎クリスマス仕様です。


ところで、滋賀県はひこにゃんを輩出した土地です。まさに聖地と言ってよさそうです…よね。
しかし、ここ埼玉県にも「ゆる玉応援団」なるものが存在します。(団員は、県知事が任命しているそうです)
http://www.sainokuni-kanko.jp/yurutama/index.html
ひこにゃんほどのビッグネームはいませんが、なかなか強力なキャラが揃っています。
また、埼玉ちょ~でぃーぷな観光協会というところには、ゆるキャラ課なるものがあるようです。
http://www.sainokuni-kanko.jp/deep/
ニュースでこの観光協会を見て存在は知ってはいたのですが、実際ホームページを見てみると…埼玉県も思い切ったものだと感じました…
[PR]
by misato-syakyo | 2008-11-28 11:42 | 報告 | Comments(0)