Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:ご案内( 102 )
「放課後等デイサービスさとっこ」スタートします。
2月8日(土) 吉川市市民交流センターおあしすにて行われた「放課後等デイサービスさとっこ」の開所式に参加してきました。

「放課後等デイサービスさとっこ」は、今まで「障害児児童クラブさとっこ」という任意団体で活動をしてきましたが、国の制度が新しく作られたこともあり、新たにNPO法人ぽぽらーと(本部:足立区)のもとで事業がスタートすることになりました。
1月からは活動拠点も、三郷特別支援学校から三郷市幸房へと移していますが、従来と変わらず、元気いっぱいの子どもたちやスタッフが明るく出迎えてくれます。

開所式の前に行われた閉所式では、会を立ち上げた保護者や先生から当時の熱い思いや様子が語られました。時代は移っても、障がいをもつ子どもたちが自由に遊べる場を作っていきたいという保護者の皆さんや先生方の願いは、受け継がれていくことと思います。

d0081884_14272077.jpg


写真は、アトラクションの様子。Unsteady Blanketさんのコンサートに合わせてみんなノリノリにダンスをしています。

d0081884_14273511.jpg

[PR]
by misato-syakyo | 2013-02-13 14:28 | ご案内 | Comments(0)
岩野木老人福祉センターお風呂再開(2月12日(火)から)
岩野木老人福祉センターの風呂の利用を2月12日(火)から再開します

日頃より、老人福祉センターをご利用いただき、御礼申し上げます。
岩野木老人福祉センターでは、浴室配管の老朽化に伴う大規模な改修工事を実施しておりましたが、このほど工事が終了し、2月12日(火)から男・女とも浴室の使用を再開できる運びとなりました。
工事期間中は、風呂の使用を中止していたため、利用者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。
皆様のご利用を心よりお待ち申し上げております。

お問い合わせは
電話:048-953-3500(岩野木老人福祉センター)
[PR]
by misato-syakyo | 2013-02-08 09:00 | ご案内 | Comments(0)
ふくし講座「老後の心配を安心に変える知恵と工夫」
老後の心配を安心に変える知恵と工夫
~平成24年度第3回ふくし講座を開催します~


三郷市社会福祉協議会では、ふくし講座「老後の心配を安心に変える知恵と工夫」を開催いたします。(全3回)
今回は、高齢期に多い生活課題を解決するための制度やサービスについて学びます。
住み慣れた場所で暮らし続けるには、何に気をつけ、どんなことに備えるべきか―ぜひこの機会にご参加いただき、これからの暮らしにお役立てください。

◎内 容
第1回 『自分らしい老後と最後の準備』
 講師:中澤 まゆみ氏(ノンフィクションライター)
第2回 『成年後見制度や市民後見人の役割と可能性』
 講師:NPO法人ライフサポート東京理事長 平松 太郎氏(http://lifesupport.admini-s.com/)
第3回 『誰もが知っておきたい!争わない相続と、想いを伝える遺言』
 講師:篠田 直人氏(行政書士)(http://ameblo.jp/souzoku-madoguchi/)

◎開催日時・会場(いずれのコースも内容は同一です)
①日曜コース(2/3、2/10、2/17)
 いずれも、午前9時30分~午後0時20分
 三郷市鷹野文化センター 会議室(三郷市鷹野4-70)
②水曜コース(2/13、2/20、2/27)
 いずれも、午後1時30分~4時20分
 三郷市文化会館 視聴覚室(三郷市早稲田5-4-1)


◎定 員
各コース定員30人(抽選)3回とも出席できるかた

◎参加費
無料

◎問い合わせ・申し込み
おかげさまで本事業は定員に達しましたm(_ _)m
12月25日(火)から平成25年1月15日(火)までに
電話またはファックス、電子メールで三郷市社会福祉協議会事業係へ
電話:048-953-4191 Fax:048-953-4192
Eメール:info@misato-syakyo.or.jp


[PR]
by misato-syakyo | 2013-01-10 10:07 | ご案内 | Comments(0)
講座のご案内「地域の輪を広げる仲間の巻き込み方」
講座「地域の輪を広げる仲間の巻き込み方」参加者募集中
d0081884_13592515.jpg

活動を続けていると、必ず出会う様々な悩み…
「メンバーが増えない」
「自分たちの活動を応援してくれる支援者を増やしたい」
「活動がマンネリ化してきている」

…(;´Д`)ウウッ…アタマが痛くなりませんか?

そこで、三郷市ボランティアセンターでは、「悩みを打破するための処方箋」としてこの講座を企画しました。
自分たちの活動を振り返りながら、地域の中で仲間を増やしていくためには、どうしたらよいかを一緒に考え、団体運営が活性化するためのヒントを学びます。
ボランティア・市民活動・NPO団体のみなさん必見の講座です!

◎日 時
平成25年2月6日(水) 午後1時~4時
(受付開始は12:40から)
◎会 場
三郷市文化会館視聴覚室(三郷市早稲田5-4-1)
JR三郷駅北口 徒歩13分
◎対象者
ボランティアグループ、NPO団体などで活動中のかたや講座内容に関心のあるかた
◎定 員
25名(先着順)
◎参加費
500円(資料代含む)
◎申し込み
平成25年1月4日(金)から1月31日(木)までに、電話・ファックス・電子メールでお申し込みください。
なお、お申し込みの際は、「地域の輪を広げる仲間の巻き込み方」と標記のうえ、「氏名・住所・電話番号・この講座を何で知ったか・参加の動機(簡単に)」をお知らせください。
申込用紙をダウンロードできます(クリックしてください)
◎申し込み・問い合わせ
三郷市ボランティアセンター(三郷市社会福祉協議会内)
平日 8:30~17:15 にご連絡ください
電話:048-953-4191 FAX:048-953-4192
Eメール:mvc@misato-syakyo.or.jp

[PR]
by misato-syakyo | 2013-01-09 13:48 | ご案内 | Comments(0)
年末年始のお休みのお知らせ
【年末年始のお休みのお知らせ】
(三郷市の老人福祉センター・老人憩いの家やすらぎ荘・戸ヶ崎老人デイサービスセンター)

平成24年12月28日(金)から平成25年1月4日(金)の間、年末年始の休館となっております。
平成25年1月5日(土)から皆さまのお越しをお待ちしております。
参考リンク:老人福祉センター1月日程表

(三郷市社会福祉協議会・ボランティアセンター・地域包括支援センターみずぬま)

平成24年12月29日(土)から平成25年1月3日(木)の間、年末年始の休業となっております。
平成25年1月4日(金)から通常業務となっております。

今年、一年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by misato-syakyo | 2012-12-27 16:00 | ご案内 | Comments(0)
三郷市地域包括支援センターみずぬま臨時休業のお知らせ
12月3日(月)は、瑞沼市民センターの臨時休館日のため、三郷市地域包括支援センターみずぬまも臨時休業致します。

【問い合わせ】
三郷市地域包括支援センターみずぬま 電話:048(950)3322


建物自体が休館しますので、ご了承くださいm(_ _)m
[PR]
by misato-syakyo | 2012-11-15 11:37 | ご案内 | Comments(0)
岩野木老人福祉センターお風呂中止のお知らせ
岩野木老人福祉センターお風呂中止のお知らせ

岩野木老人福祉センターでは、浴室配管などの老朽化に伴い、大規模な給湯設備等改修工事を実施します。
工事にあたりまして、以下のとおり男女浴室の使用を中止します。ご利用者の皆さまには、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願い致します。

●浴室の使用中止期間
平成24年10月22日(月)~平成25年1月20日(日)ごろまで
※作業工程の都合上、使用再開の日は、前後する可能性があります。

【注意事項】
  1. 風呂以外のセンター利用は平常通りできますが、岩野木老人福祉センター及び岩野木集会場のトイレの改修も同時に予定しており、一部のトイレが一定期間、使用できなくなることがあります。

  2. 工事に伴い、かなりの騒音が発生いたします。ご了承ください。

  3. センター内に工事用の通路を設置する場合がありますので、通行にはお気をつけください。



[PR]
by misato-syakyo | 2012-10-22 08:56 | ご案内 | Comments(0)
『シニアのためのクッキング教室』公益社団法人日本フィランソロピー協会
公益社団法人日本フィランソロピー協会の事業のご案内です。

~生涯を通じて食卓を豊かに~
『シニアのためのクッキング教室』



自分で作って食べたい、家族や仲間のために調理がしたい・・・そう思っていても、年を重ねると
だんだん買い物や調理がおっくうになりがちです。このクッキング教室は、そんなシニアの方々を
対象に、自宅で簡単に調理して毎日の食事を楽しんでもらえるようにと企画されました。

今回は、昨年の東日本大震災後に防災備蓄食品としての価値が見直されている缶詰を利用します。
安全性や栄養面、さらに経済性、保存性、利便性などからみて理想的な貯蔵用食品と言われている
缶詰のことをもっと知っていただこうと、開催日を10月10日「缶詰の日」にしました。

缶詰を利用した多彩なメニューのほか、永年使い慣れたガスコンロを使った炊飯も体験していただ
き、最後に出来上がった料理を皆さんで楽しんでいただきます。

◆主 催:東京ガス/マルハニチロ食品
◆後 援:公益社団法人日本缶詰協会
◆事務局:公益社団法人日本フィランソロピー協会

◆◆募集概要◆◆

■日 時
2012年10月10日(水)  11:00~14:00 

■会 場
がすてなーに ガスの科学館 (東京都江東区豊洲6-1-1)
2階 キッチンキッチン、わくわーくルーム

■対 象
 65歳以上の男女
(男性や、料理経験があまり無い方、料理が得意でない方でもお楽しみいただけます)

■定 員
16名(男性8名/女性8名)
※応募多数の場合は、抽選となります。

■参加費
500円(税込/材料費込/缶詰のお土産つき)

■プログラム
【第一部】11:00~11:30 ミニ講座『貯蔵食品の優等生、缶詰の特性と活用法』
 缶詰の特性および貯蔵の注意点と、防災のために備蓄しておくと良い組み合わせを学ぶ。

【第二部】11:30~13:00 料理実践
・『缶詰を活用した料理』
 複数の缶詰を取り合わせた料理を、グループ毎に実践。
・『自動炊飯のデモンストレーション』
 安全設計のガスコンロを使ってご飯を炊く。

【第三部】13:00~14:00 交流会
試食をしながら、参加者同士で自己紹介や感想・コメントを共有する振り返りと交流の時間。

■調理メニュー(予定)
・じゃがいもとサケ缶のごま和え
・さば缶詰のスープ
・さんま蒲焼缶チャーハン
・いわし缶詰の柳川風

■講師
加納栄子氏(日本食糧新聞社 ふれあいクッキング事業部長/栄養士)

■申込方法
1)インターネットより申込
 http://www.philanthropy.or.jp/tg/
2)ハガキによる申込
 往復ハガキに下記の必要事項を記入し、事務局までお送りください。
 お名前( 姓名/ふりがな)、年齢、性別、住所、連絡先電話番号

■申込締切
2012年9月26日(水)必着
抽選結果は、10月1日(月)までにメールまたはハガキでお知らせいたします。

【事務局】
 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244区
 公益社団法人日本フィランソロピー協会 担当:加勢川(かせがわ) 
 TEL 03-5205-7580 FAX 03-5205-7585
 E-mail office.2011@philanthropy.or.jp

[PR]
by misato-syakyo | 2012-09-11 11:45 | ご案内 | Comments(0)
「エイブル・アート・アワード」 2012年度支援先募集について
障がいのある人たちの芸術活動を支援しているエイブル・アート・ジャパンでは、ガレリア・グラフィカbis(東京・銀座)と、アーツ千代田3331内のA/Agalleryでの展覧会の開催を支援する「展覧会支援の部」の公募を行います。
既成概念にとらわれない、個性豊かな作品に出会えることを楽しみにしています。多くの方々のご応募をお待ちしています。
■支援の内容
1個人または1グループの展覧会を、下記2ヶ所のギャラリーで開催します。
◆会場
1.ガレリア・グラフィカbis(東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル1階)
2.A/A gallery(東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 #208 エイブル・アート・ジャパン内)
◆会期 ※予定(会期は延長される可能性があります)
①2012年12月17日(月)~22日(土) (6日間) ※予定
②2013年2月上旬 (2週間程度) ※予定

■展覧会開催に関する以下の資金を負担します。
・ギャラリーの借り上げ費用
・展覧会の企画全般(作品の選定、額装、展示などのご提案)を行うコーディネーターの派遣費用
・案内ハガキの作成費用、エイブル・アート・ジャパン関係者へのPR、マスコミへのPR
・展覧会開催に関する人的支援(展示・撤去作業、会期中のスタッフの配置)

上記以外の費用は作家側に負担していただきます。
額装費用、作品の搬送費用、作家や関係者の交通費など 

■選考基準
独創的で豊かな表現力に満ちた作品を生み出す作家であること。展覧会が開ける作品数を所有していること。

■締切
2012年8月31日(金)必着

■お問い合わせ・応募用紙のご請求、送付先
NPO法人 エイブル・アート・ジャパン
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 #208
TEL.03-5812-4622  FAX.03-5812-4630  
E-mail. office@ableart.org


応募要綱や詳細な内容に関しては
エイブル・アート・ジャパンのWEBサイト(http://www.ableart.org/)をご覧ください
[PR]
by misato-syakyo | 2012-08-17 09:21 | ご案内 | Comments(0)
埼玉県老人クラブ連合会愛称募集
埼玉県老人クラブ連合会では、「老人クラブ」の愛称を募集しているとのこと。

以下に募集要項を記載します。
1.目的
「老人クラブ」という名称は、老人福祉法の中にも明記され、広く定着しております。しかし、最近では、「老人」という言葉に、抵抗を感じる若い世代が増え、老人クラブへ加入しない要因のひとつとなっています。
そこで、埼玉県らしさや活力ある高齢者を想像できる「愛称」を募集し、老人クラブのイメージアップと会員の輪を広げることを目的とします。
2.応募期間
平成24年7月18日(水)~平成24年9月20日(木)【必着】
3.応募方法等
(1)次の①と②をご記入し、官製はがき、FAXまたはE-mailでご応募ください。
 ①「愛称」名(ふりがな)と簡単な説明
 ②応募者の氏名、郵便番号、住所、年齢、電話番号
 他県の例
  東京都老人クラブ連合会:みどりクラブ東京
  神奈川県老人クラブ連合会:ゆめクラブ神奈川
  千葉県老人クラブ連合会:なのはなシニア千葉
  茨城県老人クラブ連合会:いきいきクラブ茨城
  徳島県老人クラブ連合会:うずしおクラブ徳島
  高知県老人クラブ連合会:よさこいクラブ高知
(2)応募は1人1点とします。
(3)応募作品の著作権は、埼玉県老人クラブ連合会に帰属します。
4.応募資格
埼玉県民とします。(年齢は問いません。)
5.選考
本会の広報委員会において選考し、理事会で決定します。
6.発表等
(1)平成24年12月下旬頃に発表します。
(2)選考結果は、入選者のみ通知いたします。また、広報誌(県老連だより)及び県老連ホームページにおいても発表いたします。
(3)入選者には、記念品(商品券2万円分)を贈呈いたします。
・決定した愛称に複数の応募があった場合は、広報委員による抽選とし、抽選に漏れた方にはボールペンをお贈りいたします。
7.応募・問い合わせ先
財団法人埼玉県老人クラブ連合会「愛称募集係」
〒330‐0075
埼玉県さいたま市浦和区針ヶ谷4‐2‐65 彩の国すこやかプラザ内
電 話:048‐822‐7330 FAX:048‐822‐7377
E-mail information@sairouren.com
HP(ホームページ)http://www.sairouren.com/
8.個人情報の取り扱いにいて
個人情報の取り扱いについては、担当の所管で管理し、愛称募集業務にかかる目的にのみ使用いたします。

[PR]
by misato-syakyo | 2012-08-15 09:09 | ご案内 | Comments(0)