Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
第 6 回 マイクロソフト NPO 支援プログラム
マイクロソフト株式会社、財団法人日本国際交流センターからのお知らせ

IT が拓く NPO の未来と可能性のために

マイクロソフトは「世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を、最大限に引き出すための支援をする」という企業ミッションのもと、マイクロソフト NPO 支援プログラムを 2002 年から実施しています。「NPO が IT を利活用することによって自らの可能性をひろげ、今日の日本社会が直面しているさまざまな課題の解決につなげてほしい」という思いを込め、本年度も、第 6 回マイクロソフト NPO 支援プログラムを実施いたします。社会的課題の解決に取り組んでいるすべての NPO が対象です。IT を効果的に活用し、社会的課題の解決を目指す皆様からの、積極的なご応募をお待ちしています。
※本プログラムはマイクロソフト株式会社と (財) 日本国際交流センター との協働で運営されています。

■助成対象となるプロジェクト
社会的課題をより効果的、効率的に解決するために、IT を利活用した、斬新なプロジェクトを支援します。以下のテーマのうちいずれか、もしくは全てに当てはまるプロジェクトを助成の対象とします。社会的課題のテーマ、団体の活動分野は問いません。また、IT の利活用により、団体の組織基盤が強化されることも狙いとしています。
  1. IT を利活用して「社会的課題の解決を目指す」活動
    住み良い社会の実現や、さまざまな社会的課題を解決する活動

  2. IT を利活用して「人々の可能性を最大限に引き出す」活動
    応募団体や受益者の可能性を広げ、豊かな夢のある生活をもたらす活動

*なお、マイクロソフトではデジタル インクルージョンの推進 (誰もがITの恩恵を享受できる社会の実現) を行っており、本年より新たにアクティブシニアを対象分野とすることになりました。これに関連し、第 6 回ではアクティブシニアによる上記の活動を優先的に助成対象プロジェクトとして検討いたします。

■助成対象団体
  1. 日本国内に拠点を持ち、日本国内で活動する非営利団体

  2. 応募時点で 2 年以上の活動実績を有する団体 (法人格の有無・種類は不問)

  3. 基本的な IT の使用が可能であり、応募プロジェクトを実施可能な IT スキルを持ったスタッフを有する団体

第 6 回より過去に本プログラムの助成を受けた団体も助成の対象となります。指定の応募用紙にてご応募ください。
以下の団体は助成の対象となりませんのでご注意下さい。
医院、病院、幼稚園から高校までの学校および大学、政治・労働・宗教団体、各種同好会、地域自治会など


■助成金額
1件あたりの助成金額は上限300万円、総額2,000万円

■応募期間
2008年1月1日(火)~2月12日(火) 24:00必着

■応募までの手順
①マイクロソフトNPO支援プログラム公式サイトから応募用紙をダウンロード
http://www.microsoft.com/japan/npo
②応募用紙記入の手引きを参考に、応募用紙に所定の事項を記入
③応募用紙を電子メールに添付し、msnpo6@jcie.or.jpまで送信。

■お問い合せ/応募用紙送信先
・マイクロソフトNPO支援プログラム公式サイト
http://www.microsoft.com/japan/npo
応募にあたっての注意事項、応募用紙記入の手続きを上記サイトに掲載しておりますので、必ずご覧ください。
・電子メール
msnpo6@jcie.or.jp (財団法人日本国際交流センター)
大変恐縮ですが、お問い合せ、応募用紙の提出は電子メールのみに限らせていただきます。
[PR]
by misato-syakyo | 2008-01-07 11:46 | 助成情報 | Comments(0)