Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
『シニアのためのクッキング教室』公益社団法人日本フィランソロピー協会
公益社団法人日本フィランソロピー協会の事業のご案内です。

~生涯を通じて食卓を豊かに~
『シニアのためのクッキング教室』



自分で作って食べたい、家族や仲間のために調理がしたい・・・そう思っていても、年を重ねると
だんだん買い物や調理がおっくうになりがちです。このクッキング教室は、そんなシニアの方々を
対象に、自宅で簡単に調理して毎日の食事を楽しんでもらえるようにと企画されました。

今回は、昨年の東日本大震災後に防災備蓄食品としての価値が見直されている缶詰を利用します。
安全性や栄養面、さらに経済性、保存性、利便性などからみて理想的な貯蔵用食品と言われている
缶詰のことをもっと知っていただこうと、開催日を10月10日「缶詰の日」にしました。

缶詰を利用した多彩なメニューのほか、永年使い慣れたガスコンロを使った炊飯も体験していただ
き、最後に出来上がった料理を皆さんで楽しんでいただきます。

◆主 催:東京ガス/マルハニチロ食品
◆後 援:公益社団法人日本缶詰協会
◆事務局:公益社団法人日本フィランソロピー協会

◆◆募集概要◆◆

■日 時
2012年10月10日(水)  11:00~14:00 

■会 場
がすてなーに ガスの科学館 (東京都江東区豊洲6-1-1)
2階 キッチンキッチン、わくわーくルーム

■対 象
 65歳以上の男女
(男性や、料理経験があまり無い方、料理が得意でない方でもお楽しみいただけます)

■定 員
16名(男性8名/女性8名)
※応募多数の場合は、抽選となります。

■参加費
500円(税込/材料費込/缶詰のお土産つき)

■プログラム
【第一部】11:00~11:30 ミニ講座『貯蔵食品の優等生、缶詰の特性と活用法』
 缶詰の特性および貯蔵の注意点と、防災のために備蓄しておくと良い組み合わせを学ぶ。

【第二部】11:30~13:00 料理実践
・『缶詰を活用した料理』
 複数の缶詰を取り合わせた料理を、グループ毎に実践。
・『自動炊飯のデモンストレーション』
 安全設計のガスコンロを使ってご飯を炊く。

【第三部】13:00~14:00 交流会
試食をしながら、参加者同士で自己紹介や感想・コメントを共有する振り返りと交流の時間。

■調理メニュー(予定)
・じゃがいもとサケ缶のごま和え
・さば缶詰のスープ
・さんま蒲焼缶チャーハン
・いわし缶詰の柳川風

■講師
加納栄子氏(日本食糧新聞社 ふれあいクッキング事業部長/栄養士)

■申込方法
1)インターネットより申込
 http://www.philanthropy.or.jp/tg/
2)ハガキによる申込
 往復ハガキに下記の必要事項を記入し、事務局までお送りください。
 お名前( 姓名/ふりがな)、年齢、性別、住所、連絡先電話番号

■申込締切
2012年9月26日(水)必着
抽選結果は、10月1日(月)までにメールまたはハガキでお知らせいたします。

【事務局】
 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244区
 公益社団法人日本フィランソロピー協会 担当:加勢川(かせがわ) 
 TEL 03-5205-7580 FAX 03-5205-7585
 E-mail office.2011@philanthropy.or.jp

[PR]
by misato-syakyo | 2012-09-11 11:45 | ご案内 | Comments(0)