Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協・ボランティアセンターのブログ)
misatosya.exblog.jp
ブログトップ
福島県広野町発 東日本大震災の現場から学ぶ

2012年7月10日追記
この講座は、定員を超える申し込みをいただきましたので、募集を終了させていただきます。
次の講座もよろしくお願いいたします。



【平成24年度ふくし講座のご案内】

福島県広野町発 東日本大震災の現場から学ぶ
家族と自分自身を守る備え----
そして、私たち一人ひとりができること
被災体験から地域のつながりを考える


○東日本大震災から1年
三郷市と災害時相互応援協定を結ぶ福島県広野町は、地震と津波のみならず原発事故のため、町全体が避難を余儀なくされました。
親類や近所のかたと離ればなれとなり、慣れない土地での避難生活から体調を崩されるかたも少なくありませんでした。
○三郷市でも
地震直後から電話などの通信手段がまひ、福祉や医療現場のスタッフも安否確認や生活支援に奔走しました。次いで起こった日用食品や雑貨の不足、計画停電―――
私たちがはじめて経験する不便な暮らしは、特に小さいお子様のいる家庭や高齢のかた、障がいを持つかたを直撃しました。
○震災から避難、今、そしてこれから…
広野町職員をお招きし、被災地で起きたことを伺い、私たちにできる備えや取り組みに役立てます。

【講師】
広野町職員 飯島 洋一氏
飯島さんは、広野町から瑞沼市民センターへ避難された住民のかたと一緒に三郷市で約5ヶ月間過ごされ、その間、避難者と三郷市役所の調整役を担われていました。
【主催】
三郷市社会福祉協議会 三郷市(主管課 生活ふくし課)
【日時】
平成24年7月21日(土)午後1時から3時30分まで
受付開始 午後0時30分から
【場所】
三郷市文化会館大会議室(埼玉県三郷市早稲田5-4-1)
【募集定員】
70名
おかげさまで、定員を超える申し込みがありましたので、募集を終了させていただきます(2012.07.09)
※要事前申込、先着受付順
【申込方法】
電話、FAX、又はEメールにて下記事項をご連絡ください。
氏名、所属、住所、連絡先(電話、FAX、Eメール)
【申込先】
三郷市社会福祉協議会 事業係
電話:048-953-4191
FAX:048-953-4192
Eメール:info@misato-syakyo.or.jp


d0081884_9153889.jpg

震災から3ヶ月後の福島県広野町の様子。
原発事故により町に入れず、震災時のままの姿だった。

[PR]
by misato-syakyo | 2012-07-04 09:18 | 社協の事業 | Comments(0)